2015 ユニコーンステークス 予想

今日のあてたろう予想![其の二]

まだ戦法が確立できていない感のある戦績の浅い3歳馬のダートマイル戦。
『ダート界の新星』と囁かれる海外帰りのアノ馬。
断然の人気を集めるのも当然でしょうか。
そんなオレの予想は…。

◎ ⑫ゴールデンバローズ
ヒヤシンスSは『完勝』の3馬身半差の大楽勝。
その3着馬はのちに兵庫CSを勝つクロスクリーガー。
純粋な能力だけで言えば、間違いなく世代トップか。
あとは厳しいレースを経験しての「海外帰り」という点だけか。
オッズと相談したら、アタマで買うしかないわ(汗)

◯ ⑥アルタイル
位置取りに注文が付かないタイプ。
前走は勝ち馬の末脚には屈したが、逃げ馬はきっちり交わした。
負けはしたが、走破タイムは例年の同レース勝ち時計レベル。
追い切りでは調教駆けする僚馬を相手に最後まで食いさがる。
初のOP勝ちが重賞となる可能性もある。

▲ ④アキトクレッセント
先週のエイシンヒカリで懲りたが、『逃げ一辺倒』は特に買いづらいタイプ。
前走は休み明けだったうえに1番人気。
かつ、自分が楽に行くために自らペースを落とした戦法。
今回は叩き2走目で馬体も締まった。
前走の敗戦を活かし、思い切った競馬が出来れば見せ場あるかも。

注 ⑩ノンコノユメ
同じ東京ダートマイル『青竜S』の1~4着馬が揃って出走。
その青竜Sは人気馬をまとめて差し切った末脚。
良馬場のダートで上がり34秒台は古馬戦でもあまりない水準。
直線の長い東京コースも脚質にピッタリ。
決め手が活きる展開になれば、間違いなく上位争い。

△ ⑦イーデンホール
3番人気で挑んだ前走の青竜Sは休み明けで超ハイテンション⤴︎。
スタートは出遅れ、道中では掛かりっぱなし。
あのグダグダな内容で8着に残れたのがミラクル。
ヒヤシンスSではゴールデンバローズに2着(0.6秒差あるけど)。
休み明けを使われ、まともに走れば前走の二の舞はないだろう。

☆ ⑭タップザット
トップステーブル池江厩舎。
少し前にも書いたが、春から調整方法を変えたことが現在リーディング2位の結果に繋がっている。
さて、同馬は前走のドバイ遠征で馬体がガレたよう。
帰厩後は順調で馬体も戻り、雰囲気はイイと。
現在リーディング1位は『ゴールデンバローズ』の堀帰厩。
人馬ともにハイレベルのデッドヒートだ!

【3連単1頭軸】
⑫→④⑥⑦⑩⑫⑭→④⑥⑦⑩⑫⑭
組み合わせ次第で厚めに配分!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする