2015 新潟日報賞 予想

今日のあてたろう予想!

本日、出勤6日目…。
だんだんクタびれてきた。
でも、安心して下さい!予想はしますよ。
(最近当たってませんが…。)
メンバーを見渡すと、ハンデも見込まれた馬が多いような気もします。
一言、『荒れる』要素は十分ありそう。
今朝、単勝オッズを確認したら、1~5番人気の変動が激しいこと。

で、昨夜チョイスした馬がほぼ上位人気(汗)
もうやむを得ません。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑬サトノキングリー
現級では明らかに実績上位。
実績としては他の55kg組みと変わらず1000万条件勝ちがある4勝馬。
前走は4着に敗れたとはいえ、「負けて強し」の印象。
中4週で臨む今回は調整過程、体調面も太鼓判。
よほどのことがない限り崩れることは考えにくい。

◯ ⑪アンジェリック
抜群の切れ味で1000万条件を連勝。
現在の充実度はMAXか。
3歳時は未勝利勝ち後、C・デムーロが桜花賞挑戦を進言し、アネモネSに参戦。
結果は5着と本番には進めなかったが上位とは差のない脚。
本格化した今、恵量の後押しもあり、昇級の壁はない。

▲ ④ダノンシーザー
唯一の3歳馬。
「素質だけで考えれば間違いなくトップクラス」と関係者が太鼓判。
初古馬挑戦の前走も、実績上位の2着馬との叩き合いを競り負かす勝負根性。
着差は僅かとはいえ、見た目以上に余裕があった。
戦法にも幅があり、逃げても控えてもレースが出来る自在性。
ノーマーク厳禁!

注 ⑥サンブルエミューズ
夏場は体調管理が難しいと言われる。
そんな中で「生涯最高のデキ」というウワサ。
2歳時には将来を有望視された素質馬。
だが…3走前の『千葉日報賞』を勝つまで2年半未勝利だったとは…。
関係者も「夢にも思っていなかったこと」と語っている。
その後の昇級戦では見せ場十分のレース。
終いが怪しい分をハンデ53kgでカバーできないか。
要注目!

△ ⑦マーブルカテドラル
2歳時の戦績はまさに「一流馬」。
素質の違いだけで圧勝したデビュー戦。
ハープスター、イスラボニータを相手に見せ場十分だった新潟2歳S。
ここ前2走の散々たるレース内容は不可解に感じるのは事実。
精神面のスランプというハナシ。
今回、『距離短縮』で新味を引き出したいよう。
叩き3走目の今回、重賞勝ち馬の真価を発揮してくれるはず。
変身は可能だ!

【3連複5頭BOX】④⑥⑦⑪⑬

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする