2015 札幌記念 予想

今日のあてたろう予想![其の二]

毎年、G1級のメンバーがそろう“スーパーG2”
今年はG1馬が2頭が参戦してますが、例年と比較すると「う~ん…」って感じ。
あくまで個人的感想ですが、今年はG3レベルな気がします。

ただ、札幌の特殊馬場は常に底力が要求されることは間違いないからね。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑦ラストインパクト
明らかに脚を余した昨年末の有馬記念。
前2走の阪神大賞典、天皇賞(春)と共に見せ場は作ったが、「本質的には中距離馬」で適性外の距離条件。
ディープ産駒の3000m超えは鬼門。それにしては良績を残している部類。
早めの北海道滞在で先月末から札幌で調整しているというのは同馬のみ。
来年引退のマツパク先生、最後の札幌記念。

◯ ⑪ディサイファ
「弱い相手にも勝ちきれない」という典型的な善戦タイプ。
昨秋は果敢に一線級相手のG1ロードに挑戦。
全く歯が立たなかったが、G2クラスまでなら何とか格好はつけられる。
今や重賞2勝の実力馬(G3だけど)。
今回は2ヶ月の休み明け、早めの北海道滞在から順調に調整。
「9分程度の仕上がり」も洋芝、距離、脚質、体調に関して不安なし。
ダービーフィズに比べれば「プレッシャーがない」というアドバンテージ。

▲ ①ラキシス
早くから高い資質を見せていた同馬。
昨秋のオールカマーで牡馬相手②着、次走のエリザベス女王杯でG1初制覇。
その後、果敢に臨んだ有馬記念では⑥着敗退も、勝ち馬ジェンティルドンナとの着差は僅か1馬身。
今年初戦の大阪杯は圧勝、宝塚記念は⑧着も見せ場十分。
近走の戦績は完全な本格化を確信させる内容。
「早めに函館入り、十分すぎるほど乗り込まれてきた」という万全の仕上がり。
道悪を苦にしないパワフルな走法から、初めての洋芝も不安なし。

注 ⑨ステラウインド
前走の七夕賞は0.2秒差の②着とレース内容は着差以上に強い内容。
重賞勝ちこそないが、持ち前のスタミナを活かし、重賞で再三の好走歴あり。
札幌コース初だが、昨年の函館記念③着の経験あり。
息の長い末脚は洋芝で必要な持久力を裏付けるもの。
一昨年はフランス遠征で「本場の洋芝」も経験(⑤⑦着)済み。
“たたき上げ”の開花で末脚一閃!

△ ⑭ハギノハイブリッド
積極果敢なレースで活路を見出した前走の函館記念。
2kgの斤量差があった勝ち馬との叩き合いにはアタマ差及ばず。
「負けて強し」というレースを見せた。
京都新聞杯では菊花賞②着のサウンズオブアースを負かした実績。
現4歳世代では実力上位の存在だ。
瞬発力勝負では一歩見劣るため、早め先頭から押し切りたいクチ。
レースの上がりが35秒5以上かかった場合、「3.3.0.0」の戦績。

【3連複5頭BOX】①⑦⑨⑪⑭

④ダービーフィズ
今の「岩田」の勢いは誰も止められないか。
なかなか勝てなかった重賞を辛勝したが、前走から斤量3kg増が気になる。

⑫トーホウジャッカル
今週の「デス指名」だが…。
もしかしたら、あっさり勝つ可能性もある。
だだ、菊花賞出走後の他馬がサッパリ活躍せず…。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする