2015 BSN賞 予想

今日のあてたろう予想!

毎年恒例だった WSJS が今年から名称を変更。
WASJ として札幌で開催です。

これ、結構おもしろいんですよ。
騎手の腕だけで、一世一代の大駆けをする馬がたまにいます(笑)

で、有力騎手はみーんな札幌。

よって、新潟と小倉の騎手がかなり手薄な状態。
『鬼達の居ぬ間に』勝ち星を量産したい騎手もたくさんいるよねー。

特に新潟メインのこのレース。
②アジアエクスプレスと⑬ダノンリバティ
ともに戸崎騎手ではないテン乗り2名は果たして…。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑬ダノンリバティ
初ダートの前走。
最後のゴール前は勝ち馬を上回る脚色。
改めて国内有数のダート血統、血の力を実証して見せた。
前走後はここ目標に順調に乗り込みを消化。
初めての古馬挑戦でハンデ53kg。
3歳馬同士のペースとは異なる『厳しいレース』になった時に鞍上:丸山がどう対応するか。

◯ ⑧ベルゲンクライ
強烈な末脚を武器に500万条件から準OPまでを3連勝。
その後はOPの壁に阻まれている感もあるが、それでも安定した末脚。
とにかく追ってバテないタイプだし、末脚の破壊力は重賞でも通用する。
新潟初参戦も東京•中京の走りを見る限り、逆に好材料だろう。
2週連続で吉田豊自身が追い切り。
前走は勝ちに行った分、最後は差し込まれた。
今度はいいタイミングで仕掛けたいと。

▲ ⑨フィールザスマート
デビュー以来、ダート競走を13戦。
うち11回が3着内という堅実派。
その11回の内訳が1着5回の3着6回。
3連対率はメンバー中ダントツの8割4分6厘!
負ける時は勝負どころでズブさを見せ、スムーズに加速したときは強い勝ち方を見せる。
休み明けだが、OP特別なら力上位。
でも、今日も3着かも(笑)。

注 ③ストロングサウザー
前走は2戦連続の2ケタ大敗を払拭するような鮮やかな勝ち上がりを決めた。
学習能力が高い馬で昇級初戦はペースの違いで戸惑ったか。
それでも次走はキッチリと適応してみせる。
昇級戦になるがOPや重賞のペースは大敗したが経験済み。
OPでも十分に通用する下地はある。
前走同様早めの競馬で勝機!

△ ②アジアエクスプレス
1番人気で飛ばした平安S。
自分のペースに持ち込んだインカンテーションにしてやられた。
新潟ダート1800mは昨年のレパードSを3馬身差圧勝した舞台。
レース間隔が開いたことで仕上がりが1つの焦点となる。
巻き返しを期す実績馬の走りに注目はするが、オレ的にはハンデ57.5kgは気がかりな材料。
陣営は58kgまでは覚悟していたと言うが…。

【3連単2頭軸】⑧⑬→②③⑧⑨⑬→②③⑧⑨⑬

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする