2015年 ジャパンカップ 予想

どうも、あっぷるです。

今年のメンバーはまともに狙ったら上位人気で例年に比べ劣るイメージがあるが、
それでもお祭り的なジャパンカップ。波乱を狙って予想をしたいと思います。
それでは、俺の当たる競馬予想です。

◎ ⑥ラストインパクト
天皇賞・秋はラチにぶつかり度外視してみる。6走前の金鯱賞のレースが圧巻で
ムーアジョッキーに鞍上強化。人気薄での一発を期待する。

○ ⑬ヒットザターゲット
勝ち馬から2013年JCで0.5秒差、2014年天皇賞・秋で0.2秒差で好走歴もある。
今年は2走前と前走の重賞戦で勝利と2着。天皇賞・秋をパスして望むここは期待してみる。

▲ ⑱ナイトフラワー
⑪とは実績が違うがこちらも魅力的な53キロ。更にシュタルケジョッキーがこの馬の為に、
減量してでも乗りたいと言ったらしいがどうしても気になる…期待してみる。

△ ①ラブリーデイ
今年既に重賞6勝もした成長力+勢いで前走も上がり6位ながら圧巻の勝利。
スローの展開も見込めそうでここも天皇賞・秋同様に期待する。

× ⑪ミッキークイーン
牝馬クラシック2冠馬で7戦【4300】とパーフェクト連対。
不安要素は牡馬混合で古馬と初対戦だが53キロの斤量が魅力。黙って期待する。

※⑫ゴールドシップは有馬記念が目標で来たら仕方ないの切り

上記、

①⑥⑪⑬⑱

5頭3連単BOXの60点で勝負!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
↓競馬予想サイトトップクラスのパフォーマンス!
↓みないと損する競馬データ!
※無料公開中※
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

競馬予想をする際、新聞を活用していると思いますが、
あなたは新聞内の全ての情報を把握して予想をしていますか?

おそらく、そんな人はいないのではないでしょうか。

実は、新聞のほとんどは
予想をするのには必要ない情報なんです。
^^^^^^^^^^^^^
今はネットで質の良い競馬データが見れる時代です。
必要な情報はそこから見ればいい。

競馬新聞は1紙500円、、、、
月に4000円も払うのはもったいない!!!!

 

とはいえ、なぜあなたがいつまでも新聞に頼っているか
私は知っています。

ネット上に無数にある競馬サイトの中で、
的中できる競馬サイトを知らないからですよね?

 

今日は私のオススメの競馬サイトをご紹介しましょう!

 

競馬予想に使うツールが、新聞からネットに移り行く中で、
競馬サイトも今は優れたものがあります。

その競馬サイトの中で、
最近のトレンドは「うまコラボ」なんです!

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
↓競馬予想サイトトップクラスのパフォーマンス!
↓みないと損する競馬データ!
※無料公開中※
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

「うまコラボ」は指数という、
馬の強さが数値化されている競馬データを
公開しています。

このうまコラボ、今までの競馬予想サイトにはない、
革命的な3つの特徴で、爆発的人気を誇っているサイト。

その3つの特徴とは・・・

 

1、オッズに惑わされない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
うまコラボは純粋に勝つ馬を数字で教えてくれるので
オッズだけでは見抜けない、危険な1番人気や
爆走する穴馬を簡単に見抜けます!

 

2、その的中率はプロ超え
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
うまコラボのすごいところはその的中率。
なんと2年間負けなしでずっとプラス収支!
三連単が3回に1回当たるその実力は本物です!

 

3、コスパ最強
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
うまコラボは実は”無料”で最大18レース分の
指数をみることができます!
全レース見るには月額料金がかかりますが、
その料金はわずか1980円と
新聞を買い続けるよりずっとお財布に優しいんです。

 

たった1980円で全レース見放題のコスパ最強のうまコラボ。
1レースあたり約7円であなたにも万馬券のチャンスが!!!

もう新聞で予想する時代ではないんです。
あなたもうまコラボでネット予想をはじめてみませんか?

2万人の競馬ファンはもうはじめています。
乗り遅れないように今すぐ登録してください!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
高額配当を「妄想」ではなく、「現実」にする競馬データ

こちらから無料登録

※無料公開中※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする