2016 東海テレビ杯 東海ステークス 予想

今日のあてたろう予想![其の弐]

中京1Rで浜中がえらい『飛んだ』らしい。
ダートコースから芝コースまで飛んだと(汗)
まぁ自力で歩いてたようだから重症ではなさそう。
で、問題はメインの鞍上が乗り替わったこと。
横山(和)か…うーん、他に居なかったかね?

そんなオレの予想は…。

◎ ⑤ロワジャルダン
メンバー大幅強化の前走チャンピオンズCは大外枠の不利を跳ねのけ④着。
レースセンスも高く、馬込みに入っても大崩れしない安定感。
大型馬の割に鉄砲が利くタイプで不安要素が少ない。
近走の成績からも“走る”ことはバレバレでマークが厳しくなるだろう。
どうやら来月の「フェブラリーS」出走は現時点で考えていないというウワサ。
となると、ここは負ける訳にいかんよな。

◯ ⑩モンドクラッセ
いゃあ、やっと皇成を下ろしてくれたわ。
前走のみやこSで◯を献上したが、ダノンリバティと共倒れしやがった。
今回、『感性で乗る騎手』として定評ある田辺のテン乗りは要注意。
自身が得意とする“単騎逃げ”の形に持ち込む上で最も警戒していたマイネルバイカが回避。
精力的な調整過程からも陣営サイドの勝負度合いは高い!

▲ ⑥アスカノロマン
追い切り内容とレースの成績が直結しないタイプで気分次第。
とはいえ、近2走は自ら競馬を辞めたり、砂を被っても嫌気をさしてなかった。
陣営は「あまり前で競馬をしてほしくない」との意向。
だが、鞍上としては行き脚がつけば、敢えて抑えることはしないと。
モンドクラッセをマークする位置でレースを進める戦法か。

注 ⑧ローマンレジェンド
気性的に休み明け全力投球型。
ピークが過ぎた8歳という年齢。
今回の内容次第では【地方交流重賞】中心に組み立て直すというウワサ。
前走のチャンピオンズCは展開・位置取り・仕掛け所とすべてが噛み合わず惨敗。
それにしても2ケタ着順は負けすぎたね。
メンバーレベルが極端に下がる今回は巻き返し必至!

△ ⑦インカンテーション
昨年のフェブラリーS ②着馬。
このメンバーレベルなら実績的には“横綱レベル”だろう。
しかし、今回は骨折による長期休養明け。
陣営サイドもここで勝負駆け!とみているわけもなく…。
地力でどこまで走ってくるかの一戦だ。

☆ ⑪ナリタポセイドン
“一発”を警戒したい1頭。
好走条件は左回りの1800m~2100mまでで“前傾ラップ”という縛りがあるけど…。
この条件が合致した時、ラスト1ハロンで馬券圏内に食い込める末脚はある!
休み明けの実績はないが好仕上がり。

【3連単3頭軸フォーメーション】
⑤⑥⑩→⑤⑥⑩→⑤⑥⑦⑧⑩⑪

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする