今年こそG1制覇になるか!?里見治氏がもっとも期待してるサトノケンシロウもいるぞ!

どうも、あっぷるです。

いやはやまさかの展開!?と言ったら失礼と思うが今までの実績から敢えて言います^^;
2016年のクラシック戦線を賑わしているセガサミーの会長である里見氏だが、
今年は例年に比べかなり勢いがありますね~

先ずはクラシック候補筆頭格の、
≪サトノダイヤモンド≫
管理:池江(寿)師
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen

先週末にとうとう重賞のきさらぎ賞を勝ち目下3連勝でムチを使ったのはたったの1回のみ。
共同通信杯や、弥生賞組との対戦が本当に楽しみですね。

そして、
≪サトノキングダム≫
管理:国枝師
父:ディープインパクト
母:ダリシア
母父:アカテナンゴ

500万下のセントポーリア賞を勝って2連勝と負けなしで、
一応ジュンヴァルカンに先着と血統的にも能力は秘めてる感じですよね。
次走が、皐月賞トライアルとなる弥生賞に向かうそうですから、
こちらもまだ負けなしと底は見えてませんね~

更には、
≪サトノマルス≫
管理:池江(泰)師
父:ディープインパクト
母:ゴッドフェニックス
母父:ブライアンズタイム

12月の新馬戦で快勝し1戦1勝馬です2着以下の成績が微妙ですが、
血統的にはやはり優秀ですね。また、ソエで離れてましたが、
ようやく今週末に!?2戦目の出走を予定としてる様ですが2戦2勝となるか!?

最後に、
≪サトノケンシロウ≫
管理:池江(泰)師
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:ストームキャット

里見氏が最も期待してると言われ付けられた馬名でケンシロウ。
まだ未デビューで遅くなってますが今週か来週には鞍上武(豊)Jでデビューするのでは!?
と、言った感じの様ですね。血統的にこちらも魅力的ですからね。
ただ、サトノダイヤモンドが…^^;

こう見ると、日本ダービーまでを見据えればまだケンシロウやマルスは、
順調に勝てば間に合いますよね。里見氏所有馬が皐月賞や日本ダービーで
3頭出しで何れも有力になる可能性も!?
はたまたここからが里見氏のG1を勝ててないというジンクスが貫き通されるか?
しかしここで獲れなければちょっと厳しいですよね><

また、全馬ディープインパクト産駒でその内3頭が池江(泰)師に預けてるとは…
凄い偏りというか固め打ちというか^^;

今年の冠名『サトノ』はやってくれそうな勢いですし、
ここまでチャンスが巡ってきたのなら今まで呪縛から解き放たれて
1つはG1を獲ってもらいたいものですね!

里見氏(冠名:サトノ)の今後が非常に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする