2016 中山記念 予想

今日のあてたろう予想![其の壱]

出走馬11頭中、3頭がG1馬。
2頭がG1②着馬というメンバー構成。

で、あの”怪物”が帰ってきた。
フツーに考えれば、「負けてはいけない」領域に達した馬だろう。

しかしながら、今回は長期休養明け、かつ大目標はドバイシーマクラシック。

「負かせるなら今日しかない!」と思ってる連中が多数いるぞ!

そんなオレの予想は…。

◎ ③ロゴタイプ
皐月賞以降、勝ち星なし。
だが、負け続けている皐月賞以降も『中山』で限定すると、4戦②着2回③着1回。
馬券圏外は微妙に長い2200mのオールカマー④着のみ。
適距離とされる「中山」重賞は中山金杯(ハンデ)と同レースのみ。
『ココが1年で最も勝てる見込みのある重賞』と言っても大袈裟ではない。
3年連続参戦だが、過去2年は”稍重”だった。
強力な先行馬がいないメンバー構成、自分のタイミングでロングスパートも可能だ。
テン乗り田辺が今年こそ同馬の持ち味を引き出す!

○ ②リアルスティール
昨年のクラシック三冠に皆勤賞で②④②着。
無冠に終わったが、世代上位の実力の持ち主は間違いない。
今回はドゥラメンテとの再戦、舞台は『中山1800m』
これまで3度対戦し、唯一の先着を果たした「共同通信杯」と同じ距離だ。
距離適性はマイルから2000mがベストディスタンスだろう。
G1で負け続けた相手を逆転できる大チャンスは今日しかない!
この馬、実質 2勝馬とは意外だ。

▲ ⑤フルーキー
『G3を1勝』
今日のメンバーに入ると、この程度の実績では流石に見劣りするね。
昨年は1年間で重賞を6走して1勝だったが、全て掲示板圏内。
競馬場も馬場も不問でコンスタントに安定した実績を残していた。
中山金杯ではこの馬には酷な?57.5kgのトップハンデを背負って③着敗退。
1600mと1800mに拘っていたこの馬には若干距離も長かった。
今回は斤量減、距離短縮と条件は好転し、マークされる立場から解放。
角居厩舎2頭出し、ラストインパクトはドバイ遠征を控えた身。
このレースの本気度はフルーキーで間違いない!

注 ⑥イスラボニータ
昨年の同レースは1番人気ながら不可解な⑤着。
7ヶ月半の休み明け、昨秋3戦は見事な「トリプルスリー」(笑)
ただ、これだけコンスタントに実績を残せるのは年齢的な能力の衰えが無い証しだろう。
おまけに前走は初のマイルG1戦、周囲に威圧されて出負け…。
あの出遅れからの③着は実力の証拠、上がり3ハロンも最速だった。
マサヨシ曰く、「最近の休み明けでは一番イイ」と。
ただ、オレ的には[フジキセキ=東京]のイメージなんだよなぁ。

△ ⑨ドゥラメンテ
現4歳世代は全体的に層が厚い。
先週のフェブラリーSも4歳勢がワンツー。
年明けの中山金杯、日経新春杯、京都記念と勝ち馬は全て明け4歳。
そうした面々の”頂点”に立つのが同馬なのは揺るぎない事実。
今回は9ヶ月の休み明け、春の大目標は既に招待状を得ている3月のドバイシーマC。
“勝ち”に拘るレースではない点に隙があるかも?
単純な実力だけで言えば、勝てなければおかしいレベルの馬ではあるが…。

【3連単軸1頭ながし】③→②⑤⑥⑨→②⑤⑥⑨
自信はない…。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする