2016 中日新聞杯 予想

今日のあてたろう予想![其の壱]

冬の小倉が終わり、ローカル開催は『中京』へバトンタッチ。
意外と春の中京開催は中央場所並み。
この中日新聞杯は騎手の顔ぶれも良いメンバーが揃った。
肝心な馬の方も有力馬が多く、混戦模様だ。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑱クルーガー
1000万下、1600万下を連勝。
今回が昇級初戦で対古馬のOP初挑戦。
これまで馬券圏外は札幌2600mでの④着のみ。
中距離に限れば、ほぼ連対という抜群の安定感。
OP入り直後で重賞挑戦、おまけに「重賞掲示板がある馬と同じ斤量とは(汗)」と陣営のボヤキ。
OP実績馬との力関係が鍵だが、間違いなく重賞を獲れるレベルの馬だと思う。

○ ⑪ケツァルテナンゴ
年明け初戦の白富士Sを『根性』の走りで勝利。
メンバー最速の上がりだった。
じわじわ伸びつつ、内の馬には抜かせない、着差以上に「強さ」が光る内容。
昨秋以降は無理をさせずに中距離路線を進み、ようやく本格化してきた印象。
ハンデ56kgは若干見込まれたきもする…。
が、今なら重賞常連の面々と比較しても太刀打ちできる!

▲ ⑮ファントムライト
昨年のこの時期にようやくOP入りを果たした遅咲きの7歳馬。
重賞実績は新潟記念と福島記念で共に③着に善戦。
前走の白富士Sではケツァルテナンゴにクビ差の②着。
年明け2戦目の同ローテでここが再戦ということになる。
「前走後はココ目標、いい叩き台になったし、当時負けた馬と斤量が逆転している」と陣営。
他のメンバーと比べても恵まれた条件、斤量を味方に前進だ!

注 ⑯ヤマニンボワラクテ
気性が災いして、勝てるレースをいくつも取りこぼし…。
昨秋、ついに去勢を決断!
効果テキメン!安定して真面目に走れるように。
あっという間に1000万下、1600万下を勝利。
初の重賞挑戦となった前走AJCCも0秒3差の⑤着に健闘してみせた。
久々の2000m戦の出走だが、中京実績は(2.1.1.0)と好相性。
強豪が軒並み57~58kgを背負っている中での55kgのアドバンテージは大きい。

△ ④バウンスシャッセ
昨春の中山牝馬S①着→ヴィクトリアM⑬着→マーメイドS⑮着。
この状況から前走のG3愛知杯は休み明けでトップハンデ、しかも馬体重22kg増。
多数の重賞未勝利馬の中、屈辱的と言える8番人気に甘んじていた。
そもそも1800~2000mあたりを得意としている馬でヴィクトリアMの大敗は単純な距離不足。
実力を発揮できる条件さえ整えば、前走程度は十分走れる馬だ。
今回は牡馬に混ざっての55.5kgの斤量と厳しい条件に見える。
が、実は前走の勝ち時計はコースレコードと同タイム。
休み明けであれだけ走れた馬がひと叩きされて状態上昇!
もう一丁あるか?

【3連複5頭BOX】④⑪⑮⑯⑱
配分は自己責任でね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする