2016 阪神大賞典 予想

今日のあてたろう予想![其の弐]

これまで数々のG1ホースが名勝負を演じてきた格式高いレース。
とはいえ、今年は少しばかり寂しい顔ぶれ。
実績上位は衝撃のタイムで菊花賞を激走したアノ馬。
しかし、あの激走は一生尾を引きそうだ。
鞍上は勢いが止まらないアノ男だが…。

そんなオレの予想は…。

◎ ② アドマイヤデウス
昨春は骨折明けから日経新春杯→日経賞と長距離G2を連勝。
特に日経賞のVTRを見返すと外、外を回る競馬を強いられていた。
そこで負かした相手はウインバリアシオンやサウンズオブアース等G1連対馬だ。
勝ち時計2分30秒2も優秀でステイヤーとしての資質も高い。
が、春天レース中に再び骨折…。
復帰後、いきなりの『G1』3連戦はさすがにキビシイわ。
前走の京都記念でようやく復調の兆し。
スタミナ勝負はドンと来い!春の盾獲りへ負けられない一戦!

◯ ⑪シュヴァルグラン
前走のG2日経新春杯、古馬重賞に初挑戦で②着。
4角で不利があった中、重賞でもヤレる目処はたったか。
レース運びもようやく上手くなり、馬が変わったと。
折り合いの心配も皆無、春天目標なら3000mはクリアして当然だ。
余談だが、調教をつけたユーイチの談。
「昔はもっとヨタヨタしてた。とても重賞に挑戦するとは思えない。」と?
このコメントをどう捉えるべきか。

▲ ⑥タンタアレグリア
昨春のG2青葉賞②着から乗り替わる事なくマサヨシが騎乗。
11戦中、6戦が鞍上:蛯名なワケだ。
皐月賞には間に合わなかったがダービー⑦着、菊花賞④着は立派だろう。
が、『成長してるけど、気持ちが後ろ向きでまだまだ子供』
と手厳しいコメント。
その反面、まだ開花していない秘めた能力を高く評価している。
休み明けを叩いて一変があるか。

【3連単3頭BOX】②⑥⑪
配分は自己責任でね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃競馬で勝ち組になるための方法を公開┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

あなたは知っていますか?

競馬ファンの95%は、
回収率100%未満の負け組ということを。
~~~~~~~~~~~~

きっとあなたも・・・

でも、安心してください。

今日はあなたを上位5%の勝ち組に
引き上げる方法があります。

それは、“ある競馬データ”を使うこと。

たったそれだけで三連単がズッコンバッコン的中。
そんな超有用競馬データが今なら“無料”
いますぐ登録するならコチラをクリック→
※無料公開中※
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この競馬データ、丸ハダカにしたらすごかった┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

この競馬データ、
サイトの作り、見た目はとてもシンプル。

シンプル過ぎて大丈夫なの?
って思われるかもしれませんね。

でも、重要なのは見た目ではなく、

    “稼げるか否か”

あなたが求めているものはズバリ、

     “稼げる情報”

そうではありませんか?

もしそうならこの競馬データは
あなたにとって必要なものです。

まだ迷っているあなたには、
この競馬データの急所を3つご紹介します。

ゆっくり読んで、少しでも気になったら、
まずは無料登録をしてみましょう。

◆2年間プラス収支
────────────
稼ぐためにやっている競馬。収支は大事ですよね。
この競馬データ、万馬券を毎週的中。
収支は2年間ずっとプラス収支という化け物データ。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◆スランプがない
────────────
毎週的中を叩き出すこの競馬データにスランプはありません。
毎週、毎週、三連単は3回に1回的中。
的中がない日がない。的中するのが当たり前です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◆完全無料
────────────
これ結構大事じゃないですか?
あなたのお金は馬券を買うために使ってください。
1日最大18レースが無料で公開されます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

こんなスゴイ競馬データが“今なら無料”。
この競馬データを使えば、あなたはスムーズに勝ち組になれます。
登録して損はしない、むしろ登録しないと損ですね。

┌★☆ 三連単をズッコンバッコン的中させるなら ☆★─┐
│  │
│ 今すぐ!カンタン無料登録→→→      │
│    ※無料公開中※   │
└──────────────────────────┘

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする