2016年 ニュージーランドトロフィー 予想

どうも、あっぷるです。

3着までにG1NHKマイルカップへの優先出走権が得られるトライアルレース。
波乱要素たっぷりとみて予想したいと思います。それでは、俺の当たる競馬予想です。

◎ ⑩ショウナンライズ
前走の敗因は不良馬場に尽きる。G1朝日杯14着以来のマイル戦だが、
当時は+12キロと太めが響いたか。レース振りからマイルはこなせるはず。
後は…ご存知の通り横山(典)Jとは馬券相性が悪い私だが一か八か期待してみる。

○ ⑯ダノンスパーク
新馬からダート3戦後の前走が初芝ながらいきなり2着。
さすが半兄がミッキーアイルならうなずける。
ただ、中山マイルの大外はここ最近不利はないと言われてるがやはり半信半疑…
それでも血統背景と今年の中山重賞で成績が良い石橋(脩)Jで一発を期待してみる。

▲ ⑦キャプテンペリー
本番を見据えたら賞金的に必ず馬券圏内が必須となるレース。
ここは陣営の自信とメイチの仕上げに中山マイルを快勝した勢いも加味して期待してみる。

△ ③アストラエンブレム
5戦全てマイル戦【2111】で全戦僅差で惜しくも賞金加算が出来ずじまい。
私的には未勝利戦で4馬身差を付けたイメージか田辺Jの方が手が合う感じがする。
ここは勝ちを意識して期待したい。

× ⑤ダンツプリウス
もう既に10戦目となるレースだが結果を出してきても強いと思い切れないのは!?
しかし同条件だったOPのジュニアCの勝ちタイムはかなり優秀な上に、
負かした2着、5着馬は重賞で連対。3着馬は500万下で3着、4着馬は500万下で勝利と
結果を出した。久し振りに『ダンツ』の冠に期待してみる。

上記、

③⑤⑦⑩⑯

5頭3連単BOXの60点で勝負!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする