2016 桜花賞 予想

今日のあてたろう予想!

未だ決着のつかない『エンブレム問題(東京五輪のハナシ)』…。

昨日のNZTは断然人気の『アストラエンブレム』が④着敗退。
今日の『エンブレム』は大丈夫か?

桜花賞のレースレコードは『阪神芝1600m 1分33秒3』
今年はコレを上回る持ち時計の馬が複数出走してきている。
本番までに行われたTRの各馬の持ち時計、内容を比較してもアネモネS、フィリーズR組は”2枚落ち”の感じ。
やはり例年どおり、高レベルは”チューリップ賞組”だ。
だが、現時点で単勝1.7倍の断然人気のあの馬が経由したレースは…。
“勝ち馬”が出ていないクイーンCだ。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑤メジャーエンブレム
阪神JFを制した2歳女王。
前走のクイーンCもレースレコードでの勝利で後続に5馬身差。
コースは違えど「1600mの持ち時計最速」はこの馬だ。
『絶対的な桜花賞馬”最有力候補”』であり、最もソレに近い位置にいるのは間違いない。
戦績は「5戦4勝2着1回」、唯一の敗戦はクビ差で負けた重賞”アルテミスS”
裏を返せば、『負ける要素がゼロでもない』ということだ。
それは異常なハイペースに巻き込まれるか、極端に出遅れるかだろう。
そうでもない限り、この舞台でも17頭のマークを振り切って戴冠する可能性が高いと見る!
古馬OP級のスピードの持続力で不動の本命だ!

◯ ⑮ラベンダーヴァレイ
3ヶ月半の休み明けで挑んだ前走チューリップ賞。
戦績や調整過程も決して目立たず、10番人気の低評価に甘んじていた。
名門”藤原英厩舎”の中でも早々とクラシックを意識させていた馬だ。
その前走のレース内容は紛れもなく「想定以上」だった。
一見して「内を巧みに通り、距離ロスなくレースを進めた鞍上の好騎乗」とも軽視されがちな前走。
だが、ある意味では「特殊な流れ」に見えたチューリップ賞。
勝ち馬と②着馬がいずれも後方馬群からラストの速力だけで圧倒したレース。
好位勢は軒並み伸びあぐねる中で、1頭だけ違う手応え。
『あわや!?』というレースを見せたのは同馬だけだ。
「ひと追い足りない」という中で残したこの結果はポテンシャルの高さ以外の何者でもない!
3戦オール33秒台の上がりは同馬のみ、大物食いだ!

▲ ⑬ジュエラー
デビューからの戦績は1勝②着2回の『紛れもない”1勝馬”』
ただし、敗れた2戦のレース内容は勝ち馬を凌ぐ強烈なインパクトを残している。
この阪神外回りマイル戦における「ラストの脚力」に関してはメンバー屈指の存在である。
重賞4勝した半姉ワンカラットも管理した藤岡厩舎だ。
デビュー戦で跨った秋山騎手曰く、
「これまでに味わったことがない加速力」と同馬の乗り味を絶賛していた。
問題点はデビュー戦から3戦全てゲートで出遅れ、後方からの競馬を余儀なくされている。
ただし、それを補って余りある強烈な速力で「未完成な部分」を相殺できるのがこの阪神外回り。
高松宮記念で念願のG1初制覇を遂げた厩舎の勢いも大きな後押しになる!

注 ⑫シンハライト
『3戦3勝』唯一の無敗馬
『前哨戦フラワーC勝ち』
『おまけにそのフラワーCは従来の桜花賞レコードより0秒5速い決着』
という戦績と実績、中間の状態も追い切りも文句の付けようがない。
例年であれば、間違いなく1番人気に推されるはずのレベル。
だが、今年はそれ以上に目立つ”2歳女王”がいる…。
とはいえ、人気のとおりにレースが決まるわけではない(笑)
石坂先生は超強気で「少なくともウチの馬は”あの馬”と同じぐらいかそれ以上に強い!」と自信満々。
その根拠は暮れの阪神JFと前走のチューリップ賞にある。
同じ阪神コース、そのタイムを比較すれば、自ずと答えが出る訳だ。
仮に今回、速い時計での決着になったとしても「実際に速い時計のレースで勝った」という経験がある。
僅か3戦の身だが、「ここで勝つために必要な経験」は全て網羅しているぞ!

△ ⑯ウインファビラス
G1阪神JFでは10番人気ながら△を打ち、②着に大健闘。
前走G2チューリップ賞ではその実績から4番人気、▲を献上するも⑩着…。
だが、見限るのはまだ早い!
同馬のキャリアで評価すべき点は『新潟2歳S』と以前も書いた。
当時、タフな馬場と展開だったにも関わらず②着と健闘。
その勝ち時計”1分33秒8″は稍重馬場での2歳戦を考えれば、かなり優秀。
同日の古馬1000万特別より0秒3 遅いだけだった。
そこでの勝ち馬はご存知『ロードクエスト』だ。
0秒7差の4馬身離されたが、キツイ流れから粘り込んだ内容に価値がある!
新馬戦からずっと手綱を取ってきた鞍上の松岡。
『一発しか狙っていない!』と言い切った。
JRA重賞28勝、そのうち8番人気以下で10勝をマーク。
ウイン人気 大暴落の今日が買いだ!

【3連単 1頭軸ながし】12点で仕留める!
⑤→⑫⑬⑮⑯→⑫⑬⑮⑯

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

→→→→→→→→→→→→→→→→
   【オッズは完全無視!】

    いやらしい程、
馬のデータをエグり穴馬を見抜く!

競馬予想の到達点とも言える指数が

    ▽ついに解禁▽

※無料公開中※

あなたは競馬予想をする時、
“オッズ”に惑わされ過ぎてませんか?

オッズはあくまで人気順。

そのレースで勝ちやすい馬ではありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「競馬ファンの大半はしっかりとした根拠を
 持たずに予想していますからね・・・」

「その競馬ファンが作り出しているのが
 オッズですからね・・・」

だからこそ競馬ファンは、

・私情に惑わされず
・オッズに惑わされず
・馬のデータを調べ上げて算出した

 【競馬指数を使うべきなのです】

そして、数ある競馬指数の中で、
エグいくらい膨大なデータを使って、
人間業ではできない精度を叩きだしているのが、

  【新競馬指数 コラボ指数】

その精度は、
3連単を3回に1回も的中させる程。

今週の日本ダービーも
コラボ指数はリアルに勝てる馬を導き出すでしょう。

コラボ指数が導き出したダービーの穴馬とは!?

↓日本ダービーの指数は無料で見れます↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━
   最高72万馬券的中!
 直近では49万馬券を的中!
━━━━━━━━━━━━━━━━

穴馬もバッシバシ的中させ、
毎週5万、10万馬券は当たり前。

時には超高額配当を
的中させる事もできるコラボ指数。

4月には49万馬券の的中がありました。

その時のJRAのオッズと比べてみてください。

──────
04月08日(土)
中山11R ニュージーランドT(G2)

JRAオッズ
1番人気 クライムメジャー(8着)
2番人気 スズカメジャー(6着)
3番人気 ランガディア(13着)
4番人気 タイセイスターリー(7着)
5番人気 ボンセルヴィーソ(3着)
6番人気 タイムトリップ(5着)

コラボ指数
指数1位 ボンセルヴィーソ(3着)
指数2位 タイセイスターリー(7着)
指数3位 メイソンジュニア(2着)
指数4位 ナイトバナレット(10着)
指数5位 クライムメジャー(8着)
指数6位 ジョーストリクトリ(1着)

→3連単配当金:496,220円
──────

オッズでは1頭しか馬券に絡んでいないのに対し、
コラボ指数は1~3着全て捕えています。

仮に、コラボ指数1位を軸に
相手5頭マルチで購入するとわずか60点。

6000円で496,220円を獲得。

いかに、オッズで振り回される事が
バカらしいか。。。

この結果を見れば一目瞭然でしょう。

難しい事は何一つありません。

──────
コラボ指数を見て
↓↓
上位の馬を確認して
↓↓
馬券を購入
──────

ただそれだけ。

競馬初心者でもすぐに的中を量産できます。

実際、競馬を始めて五ヶ月の方が、
いきなり月+42万円のプラス収支を達成させたのですから。

しかも、月額わずか1980円で、
【全レースの指数見放題】
【レース・馬選びのノウハウが閲覧可能】

競馬ファンが
コラボ指数を使わない理由は一切ないでしょう。

↓日本ダービーの指数は無料で公開中↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする