【皐月賞】ルメールジョッキーがサトノダイヤモンドに騎乗を決めた理由

どうも、あっぷるです。

面白い記事がありましたので書かせてもらいます。
今年の皐月賞はサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3強とも言われてます。
そんな中、リオンディーズに関しては新馬戦からミルコ・デムーロJが騎乗、
そしてマカヒキは新馬戦で騎乗しておりますが朝日杯FSを勝つ事により
自ずとリオンディーズに乗る事になる流れと思います。

はい、本題のルメールJですが新馬戦からサトノダイヤモンドに乗りながら、
マカヒキには2戦目から若駒Sに弥生賞と連勝しながら結果サトノダイヤモンドに騎乗。
その理由はどうやら『日本ダービー』が絡んでる様ですね。

マカヒキも強いがサトノダイヤモンドも強く選ぶのが難しいと言った中、

・新馬からずっと騎乗している馬でクラシックを戦いたい
・距離に関してサトノダイヤモンドの方が対応力がある

この2点でサトノダイヤモンドに決めた様ですね。

私の考えですが、新馬から騎乗している馬でクラシックへ…というのは私も賛成です。
近年、直ぐ乗り替わりとなり新馬からクラシック、その先の古馬王道と
継続的に騎乗するという事が稀中の稀になってきました。
そんな中、この気持ちは嬉しい反面、ルメールJだからこそ、
継続的に乗り続ける事が出来るとも思えます。あ、デムーロJもですかね^^;

馬主にしろ調教師にしろ外国人Jを騎乗させる機会が圧倒的に増ました。
今のリーディング争いを見ても結果として表れていますよね。
これは悪いとかではなく仕方ない事だと思います。
ジョッキーの騎乗レベルが高い事で、馬主として調教師として、
勝利は必然的に狙いますからね。
私の考えは日本人JがルメールJの形でクラシックを勝つ事が理想です…^^;

はい、そしてもう1つの距離に関してですが、父は両馬ディープインパクトなので、
母方の血統だけを見るとサトノダイヤモンドの方が有利かな。
サトノダイヤモンドは母マルペンサの初仔となりますが、
母マルペンサは現役時代2000メートルで圧勝もしてる血ですからね。

一方、マカヒキの母はウィキウィキですが活躍馬としてウリウリが代表でしょうか。
基本、産駒全体がマイル前後に結果が集中してます。
ま、キタサンブラックみたいな事もありますので一概に言えませんが、
走る前の血統という点で見ていくとそうなりますでしょうか。

ただ、中山コース経験と里見氏のG1呪縛で皐月賞はマカヒキに軍配が上がる気が…
G1呪縛はネタですが事実でもありこればかりは当日が終われば自ずと分かる事www
レース後は誰でも何でも言えますが、走る前に当てる事に意味を持つと思ってる私ですので、
この意見がうまくハマるといいなぁ^^;

さて、もうすぐ皐月賞当日ですね。楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする