2016 天皇賞(春)予想

今日のあてたろう予想![其の壱]

長丁場(3200m)だけに、道中でいかにリズムよく走ることができるかがレースの鍵。
位置取りはもちろんだが、折り合いに不安のない馬はそれだけで大きなアドバンテージになる。
絶好枠を引き当てたキタサンブラックに対し、痛恨の外枠を引いたゴールドアクター。
「長距離は騎手で買え!」の格言は未だ健在だろう。
乗り手の駆け引きが明暗を分ける!

そんなオレの予想は…。

◎ ①キタサンブラック
言わずと知れた昨年の菊花賞馬。
デビュー以来、掲示板を外したのは日本ダービーのみだ。
『先行粘り込み型』でそれほどキレる脚は無いタイプ。
昨年末のG1有馬記念③着、年明け初戦のG2大阪杯②着は強豪に混じって実力を見せた。
3着内率は8割8分9厘とメンバートップの実績。
ヤネは春天を6度も勝ってる”平成の盾男”ユタカ タケ。
鬼に金棒?いやいや、弁慶に長刀か(笑)
「旭日小綬章」を貰って勢いにのるサブちゃんに逆らってはイカン。

◯ ⑧シュヴァルグラン
出世が遅く、クラシックへの参戦は叶わなかった同馬。
2400m超の長距離路線で開花し、500万下から3連勝で一気にOP入り。
前走のG2阪神大賞典は11頭立ての少頭数かつ斤量54kg、展開も含めて恵まれた印象はある。
が、実は今年の阪神大賞典の勝ち時計は過去39回中、6番目という好タイムだった。
2着馬(タンタアレグリア)に2馬身半、3着馬(アドマイヤデウス)には更に3馬身という決定的な着差を付け、好時計で楽勝の内容。
単なる『重賞1勝馬』ではなく、『歴代の阪神大賞典馬の中でもかなり強い阪神大賞典馬』と認識しておいた方が良さそうだ。

▲ ⑪タンタアレグリア
前走のG2阪神大賞典では2馬身半の差をつけられ、②着に敗退。
むしろあの阪神大賞典で記録されたラップ内容は[速力比べ]で勝ち馬に遅れを取っただけ。
異なる流れになれば、逆転の可能性を見出せるものだった。
『生粋のステイヤー』『距離は伸びれば伸びるほどいい』という評価は裏を返せば「速い脚がない」ということ。
だからこそ大目標がこの天皇賞(春)に置かれていたことは言うまでもない。
『強い4歳世代の隠れステイヤー』ともいえる同馬。
未だ2勝馬とはいえ、その能力は侮れない!

注 ⑤フェイムゲーム
3400mのダイヤモンドSを2勝②着1回。
この実績だけでステイヤーとしての素質は疑いようがない。
長距離戦を求めて昨秋は海外遠征、不甲斐ない結果に終わってしまった。
前走のダイヤモンドSは「帰国初戦」「休養明け」「58.5kg」とこれまでになく厳しい状況。
そこから天皇賞(春)直行ローテは過去2年と同じだが、例年より調教の動きは格段に良い。
海外遠征で一皮むけた今年の走りに注目だ!

△ ②トゥインクル
前走ダイヤモンドSは3角スパートから悠々と押し切り。
54kgの斤量、稍重馬場と軽く扱われていたようだ。
本質は無尽蔵の心肺機能を持つ純然たるステイヤーとみる。
陣営曰く「デキ、条件、枠順もいいのに…人気がないのは気楽かな(笑)」だと。
前走初重賞勝ちでイキナリのこのメンバー相手に太刀打ちできるのか?
それでもオレは狙ってみたいステイゴールド産駒&欲のない鞍上:勝浦。
無欲のロングスパートで淀をどよめかせる!

【3連複5頭BOX】①②⑤⑧⑪
配分は自己責任でね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする