2016 ヴィクトリアマイル 予想

今日のあてたろう予想!

ヴィクトリアM創設当時は”G1レースの乱造だ”と不評だったが、既に今年で11回目。
歴代の勝ち馬にはウォッカ、ブエナビスタ、アパパネと一時代を築いた名牝も名を連ねる。
今年はG1ホースが7頭してきた。

ちなみに昨年はJRAのG1史上 最高配当の”2070万5810円”という放心状態の結末。
過去の傾向からも一筋縄では収まらないレースだぞ。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑦ルージュバック
デビュー3連勝で”きさらぎ賞”を制した。
当時は『無敗の桜花賞馬誕生か!?』と散々持ち上げられ、単勝1.6倍で⑨着と大敗。
馬柱を遡れば、その”きさらぎ賞”以降、1年以上 勝ち星がない信じ難い状況。
だが、前走の中山牝馬S②着で復活の兆しを見た。
『約3ヶ月ぶり、トップハンデ、落鉄』と厳しい条件下でタイム差なしのクビ差。
因みに同馬の1600m持ち時計『1分37秒0』は気にしない方がいい(笑)
これまでキャリア8戦で右回りの戦績は(1.1.0.3)
これに対し、左回りは(2.1.0.0)とパーフェクト連対。
新潟デビュー勝ち後、百日草特別でレコードV、オークス②着。
やはり、左回りで能力をフルに発揮するタイプだろう。
テン乗りルメールで復活の狼煙を上げる!

◯ ⑮ショウナンパンドラ
宝塚記念③着、天皇賞(秋)④着、JC①着。
この戦績から本来なら”抜けた1番人気”に推されても不思議ないと思うんだが…。
前走の『大阪杯』はメンバー構成から「G1レベル」と言われていた。
本番を見据えて、いつもより前目の位置取りからレースを運んでいた。
牝馬ながら、勝ち馬アンビシャスと同斤量56kgだったのも同馬の力を再認識する内容だった。
昨年のヴィクトリアMは⑧着とマイル戦への対応が鍵だが、昨年は本調子ではなかった時期。
スタート後の3ハロンでどのポジションに位置できるかが1つのポイントか。
上がりも安定して33秒台を叩き出し、直線で見せる速力はスピード負けの心配は無用だろう。
淀みなく流れる府中マイル、最後に問われる底力に関してはメンバー随一の存在であることは言うまでもない。
春天②着→NHKマイル②着と惜敗が続く池添。
そろそろやるか。

▲ ⑥マジックタイム
今年1月末にようやく1600万下勝ち。
そこから1ヶ月足らずでG3京都牝馬Sで②着に健闘。
続くG3ダービー卿CTでは斤量の恩恵はあるものの、牡馬を撃破!
ちなみにこの時に負かした連中は…。
昨日のG2『京王杯SC』を楽勝したサトノアラジンと②着馬のサンライズメジャーだ。
中山大好きロゴタイプもついでに纏めて面倒みた!(笑)
直線が短いうえ、急坂がある中山でこれができるのは相当な実力が無いと難しい芸当だ。
今回の最終追いはボウマンが騎乗。
内容は軽めだったが、追えば追うほど伸びるタイプで仕上がりに関しては問題なし。
ちなみに『1週前追い』では有馬記念馬”ゴールドアクター”を相手に物凄い闘志で食い下がっていたようだ。
オーストラリアの名手が日本で初G1奪取を狙う!

注 ⑯シュンドルボン
初重賞制覇を果たした前走のG3中山牝馬S。
勝負どころからゴールまで長くいい脚を使っての勝利。
クビ差で差し切ったルージュバックとは2kgの斤量差があったが、内容は地力強化の証だろう。
振り返れば、昨夏から3連勝の勢いで臨んだエリザベス女王杯。
一気の相手強化という状況だったが、それでも勝ち馬マリアライトから0秒2差の⑦着。
レース内容を考えれば、昨秋の時点でG1級のポテンシャルは証明していた。
過去に掲示板を外したのは4戦しかなく、全て2000m以上。
舞台は東京に替わるが左回り1800m以下では(3.2.1.0)
走る毎に自身のレースレートを上げていく同馬。
軽視禁物、突き抜ける!

△ ⑨カフェブリリアント
昨年の⑤着馬。
その後は⑦③⑧④着と人気以上に走れないことも数回…。
しかし、直線での不利や適距離外など幾つかの理由がある。
何より、レース中に口向きの悪さやモタれ癖を見せる事が原因か。
しかし、そこは”常勝軍団”の堀厩舎。
大一番に向けて、気難しい面の対策を練っていたようだ。
木曜追いでは『右側だけ』ブリンカーを着用。
モタれず真っ直ぐ伸びていた点は見逃せない!
東京実績(1.1.1.3)とイマイチだが、左回りの括りで「5勝」はメンバートップだ。
叩き2戦目、人気がない時ほど逆に走るタイプ。
過去の傾向では阪神牝馬S”負け組み”からのステップが高い確率で連対している。
トップステーブルが一発大駆けをキメる!

【3連複5頭BOX】⑥⑦⑨⑮⑯

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする