2016 東京優駿(日本ダービー) 予想

今日のあてたろう予想![其の壱]

「史上空前のハイレベル」
そんな声が多く聞かれる今年の3歳牡馬クラシック路線。
そのとおり、1冠目の”皐月賞”はレースレコードとなるタフな闘いだった。
2冠目となる”ホースマンの集大成”「東京優駿」
2013年に産まれたサラブレッド『6913頭』の頂点に立つのは果たして…。

そんなオレの予想は…。

◎ ⑫リオンディーズ
新馬戦は好位から抜け出し①着。
2戦目でいきなり挑んだG1朝日杯FSは最後方から直線一気で①着。
休み明けのG2弥生賞では先行抜け出しで②着。
この時点で「行きたがる性格」がチラホラ…『皐月賞で逃げる』戦法は想定外だった。
そもそも前半1000mが58秒4というハイペースを番手から追走。
『更に前を交わして先頭に立った』という戦法は尋常ではない。
自らハイペースを作り出し、そのまま押し切れるほど甘くはなかった。
結局、最後まで脚がもたず、終いにフラついてエアスピネルを妨害、⑤着へ降着。
が、並みの馬なら大差負けか最下位もやむなしだ。
踏ん張り通して掲示板を確保した根性は流石G1馬と言わざるを得ない。
単純な地力だけなら恐らく出走メンバー中、最上位だろう。
皐月賞の内容や半兄が菊花賞馬のエピファネイアという血統から、東京2400mの舞台はむしろ望むところか。
とにかくこの馬は【折り合い次第】だとオレは思う。
ミルコは皐月賞の失敗を活かし、馬とケンカしてでも押さえ込むはずだ。
「2歳チャンプ」が最高の舞台でリベンジだ!

○ ①ディーマジェスティ
デビューから2戦連続②着→未勝利勝ち→G2ホープフルS取り消し。
年明けで昇級初戦のG3共同通信杯でいきなり重賞制覇。
「共同通信杯から皐月賞直行」は今や王道ローテ。
近年だけでも2015年ドゥラメンテ。
2014年イスラボニータ、2012年ゴールドシップと勝ち馬を量産している。
“3強”と言われた皐月賞では自身8番人気ながら、そいつらを纏めて面倒をみた。
母父はクラシックと言えば「この馬」と言わしめたブライアンズタイム。
22年連続騎乗のエビショーを背に大一番で覚醒する!

▲ ③マカヒキ
新馬戦→若駒S→弥生賞と3連勝。
父を彷彿とさせる戦績でG1皐月賞は上がり最速も②着まで。
ちなみに皐月賞の走破タイム『1分58秒1』
この走破時計は父であるディープインパクトより速いのだ。
上がり勝負に徹するタイプにとって、直線の長い東京コースに替わるのは利点以外の何者でもない。
デビューから全て上がり最速の脚を使っていることもあり、今回も『末脚勝負』あるのみだ。
過去20年のダービーで上がり最速の馬が勝利したのは12回。
特に弥生賞で叩き出した上がり33秒6は昨年のダービー馬ドゥラメンテを上回る記録。
異次元の末脚で頂点に立つ!

注 ⑧サトノダイヤモンド
『総額5億円対決』の新馬戦を制して初戦からいきなり話題を呼んだ。
その相方ロイカバードは昨日の白百合Sで断然の1番人気。
4角までは確認できたが、その後は行方不明に…。
それはさておき、同馬は無敗の3連勝で皐月賞へ駒を進めるも無念の③着。
そもそも、王道路線の”共同通信杯”を経由せず、鬼門とされる”きさらぎ賞”からの直行を選択。
敢えてこのローテーションを選択したのは「全てダービーのため」にあった。
狙いどおり『ひと叩き』された馬体はこの中間に良化の一途。
追い切りの内容も桁違いでウッド7F追いを3連発!
攻めに攻め抜いた調整で上昇度でも他馬を一歩リード。
ルメール曰く「トップコンディション!」だと。
皐月賞③着の借りは返す!

△ ⑭ヴァンキッシュラン
今年1月にようやく未勝利勝ち。
その後、500万下→TR→皐月賞のローテのはずが、昇級初戦の500万下で①位入線も降着。
賞金加算に失敗、仕切り直しを余儀なくされた。
もっとも皐月賞を諦め、ダービー路線に切り替えたことは、陣営の好判断だった。
余裕を持ったローテで改めて500万下勝ち→G2青葉賞で重賞勝利。
本来なら【4連勝中】で大舞台に立ったと言っても大袈裟ではない。
だが『青葉賞勝ち馬』といえば創設以来、ダービー②着が最高着順。
「本番と同じ舞台なのに何故か本番で勝てない」ことで有名なTR。
『3歳馬にとって1ヶ月間隔の東京2400m2連戦は負担が大きい』という説。
だが、歴代の「青葉賞勝ち馬」とはそこに至るまでの使い方が違う。
「青葉賞」の走破時計2分24秒2はレース史上、2番目に速い勝ち時計。
更に道中に刻んだラップも古馬混合戦でも過去にないハイラップの消耗戦だった。
3戦連続2400mを使用、4戦目で真価発揮だ!

【3連単2頭軸ながし】24点
①⑫→①③⑧⑫⑭→①③⑧⑫⑭
3連複BOXだと『高確率でガミる』予感が…。
ここは思い切って”2頭”に賭ける!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

→→→→→→→→→→→→→→→→
   【オッズは完全無視!】

    いやらしい程、
馬のデータをエグり穴馬を見抜く!

競馬予想の到達点とも言える指数が

    ▽ついに解禁▽

※無料公開中※

あなたは競馬予想をする時、
“オッズ”に惑わされ過ぎてませんか?

オッズはあくまで人気順。

そのレースで勝ちやすい馬ではありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「競馬ファンの大半はしっかりとした根拠を
 持たずに予想していますからね・・・」

「その競馬ファンが作り出しているのが
 オッズですからね・・・」

だからこそ競馬ファンは、

・私情に惑わされず
・オッズに惑わされず
・馬のデータを調べ上げて算出した

 【競馬指数を使うべきなのです】

そして、数ある競馬指数の中で、
エグいくらい膨大なデータを使って、
人間業ではできない精度を叩きだしているのが、

  【新競馬指数 コラボ指数】

その精度は、
3連単を3回に1回も的中させる程。

今週の日本ダービーも
コラボ指数はリアルに勝てる馬を導き出すでしょう。

コラボ指数が導き出したダービーの穴馬とは!?

↓日本ダービーの指数は無料で見れます↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━
   最高72万馬券的中!
 直近では49万馬券を的中!
━━━━━━━━━━━━━━━━

穴馬もバッシバシ的中させ、
毎週5万、10万馬券は当たり前。

時には超高額配当を
的中させる事もできるコラボ指数。

4月には49万馬券の的中がありました。

その時のJRAのオッズと比べてみてください。

──────
04月08日(土)
中山11R ニュージーランドT(G2)

JRAオッズ
1番人気 クライムメジャー(8着)
2番人気 スズカメジャー(6着)
3番人気 ランガディア(13着)
4番人気 タイセイスターリー(7着)
5番人気 ボンセルヴィーソ(3着)
6番人気 タイムトリップ(5着)

コラボ指数
指数1位 ボンセルヴィーソ(3着)
指数2位 タイセイスターリー(7着)
指数3位 メイソンジュニア(2着)
指数4位 ナイトバナレット(10着)
指数5位 クライムメジャー(8着)
指数6位 ジョーストリクトリ(1着)

→3連単配当金:496,220円
──────

オッズでは1頭しか馬券に絡んでいないのに対し、
コラボ指数は1~3着全て捕えています。

仮に、コラボ指数1位を軸に
相手5頭マルチで購入するとわずか60点。

6000円で496,220円を獲得。

いかに、オッズで振り回される事が
バカらしいか。。。

この結果を見れば一目瞭然でしょう。

難しい事は何一つありません。

──────
コラボ指数を見て
↓↓
上位の馬を確認して
↓↓
馬券を購入
──────

ただそれだけ。

競馬初心者でもすぐに的中を量産できます。

実際、競馬を始めて五ヶ月の方が、
いきなり月+42万円のプラス収支を達成させたのですから。

しかも、月額わずか1980円で、
【全レースの指数見放題】
【レース・馬選びのノウハウが閲覧可能】

競馬ファンが
コラボ指数を使わない理由は一切ないでしょう。

↓日本ダービーの指数は無料で公開中↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする