2016年 ラジオNIKKEI賞 予想&結果 あっぷる

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

ラジオNIKKEI賞予想は、9番人気◎ダイワドレッサーが、
本命で的中するも馬券は…それでは予想ですが、

◎ ダイワドレッサー 2着(9番人気)
オークスの大外枠から外に膨れたスタートから外を回り続け、
あのレース運びでシンハライトに0.4秒差。体調はオークスの前より上との事で、
牝馬でここへ挑戦してきた陣営の自信に牡馬一刀両断を期待したい。

○ ストーミーシー 10着(7番人気)
福島【0200】、中山【1200】と示す通り好相性の舞台。
前走のG1は9着ながら勝ち馬に0.5秒差と差はそこまでなかった。
1800メートルに開幕週で未知ではあるが、そこは鞍上江田(照)Jに期待。

▲ ピックミータッチ 11着(11番人気)
過去のレース振りから小回りは合いそう。
前走2着との差は0.0秒でも余裕がありまだ奥がありそうな気がした。
最大の難点はルメールJから杉原Jへの乗り替わりだが一か八か賭けてみる。

△ ゼーヴィント 1着(1番人気)
中山コース2連勝後の前走は出遅れながらも直線伸びた3着で54キロは恵量。
2走前に勝利した戸崎Jに乗り替わり、この後は放牧とギリギリに仕上げてるはず。
全戦上がり最速の豪脚に期待したい。

× ブラックスピネル 5着(2番人気)
実績的にハンデを背負わされるが56.5が57になってたのは意外。
ただ、斤量的に勝ち負けはわからないが馬券圏内まで考えれば外さない気がする。
トップハンデは不利なデータの様だが武(豊)Jの手腕に託す。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果はハズレました。

1着は直線半ばで鋭い脚で伸びてきた1番人気のゼーヴィント、
2着は前目の競馬から粘った9番人気のダイワドレッサー、
3着は外目から伸びてきた5番人気のアーバンキッドでした。

我が本命のダイワドレッサーですが9番人気ながら結果2着となりました。
道中は理想の前目で競馬が出来た事が大きいと思ってましたが、
その通り直線では半ばで一瞬やった!と思いましたが、
ゼーヴィントの脚が上回っていましたが、2着を確保できました。

馬券的には、直線半ばでは的中した!!と思ってしまいました^^;
先週に続き人気のない馬を本命にし、
1、2着は△◎で的中しながら3着のアーバンキッドがヌケ。
私の予想は3連単しか的中とならないので本命が的中してもハズレはハズレ。
自信があった本命馬だけに勿体ない予想でした。。。

期待して頂いた方には申し訳ございませんでした。
来週こそ的中したいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする