2016年 レパードステークス 予想&結果 あっぷる【的中】

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

波乱を見込めなそうだが敢えてデムーロJ、内田Jは切り。
それでは予想です。

◎ マイネルバサラ 6着(5番人気)
5走前にJDD勝ちのキョウエイギアを押さえての勝利、
2走前はそのキョウエイギアに肉薄の2着と好勝負の力は十分。
距離も1800メートルの方が競馬がしやすいはず。期待してみる。

○ フォースリッチ 9着(11番人気)
新馬がダ1800メートルで最速の上がりから4馬身差の圧勝。
2走目は芝、前走は休み明けに出遅れが響き度外視とすれば、
まだ未知の魅力はある。田中(勝)Jが不安だが一か八か狙う。

▲ レガーロ 3着(6番人気)
5走前のもちの木賞が2歳レコードタイのタイムに負かした馬も、
ゴールドドリームに0.3秒差と差のない競馬から中央のダートでリベンジ!
そして、騎乗停止明けの田辺Jの一発を期待する。

△ ケイティブレイブ 2着(1番人気)
JDD2着の実績が人気を上げてるのもあるが、
前走でゴールドドリームを破ったのは決定的。
あまり理由はいらないので素直に買い目に入れる

× グレンツェント 1着(2番人気)
こちらもあまり語る事はないと思うが未勝利戦で逸走、
500万下で暴走でも2戦共に圧勝劇。
戸崎Jを確保した今回も好勝負必至のはず。期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記で的中しましたけど…

3連単⑥→⑤→①と2、1、6番人気で6,040円の配当で的中です。

1着は直線に2番人気のグレンツェント、
2着は後続を少し離しマイペースで逃げた1番人気のケイティブレイブ、
3着は大外から最速の上がりで伸びた6番人気のレガーロでした。

我が本命の◎マイネルバサラですが6着でした。
スタートはうまく出まして中団で追走した感じでしたが、
3コーナー辺りで既に手が動いてまして4コーナーでは後退するも、
直線で半ばで再度伸び6着に踏ん張ったのは意外でした。

馬券的には久し振りの的中は的中ですが3連単の配当が6000円台…
とはいえ、頭っからデムーロJのネクストムーヴは興味なかった事、
来たら仕方ないのピットボスの2頭が切れた事は大きかったです。

このメンバーでは明らかに上位2頭は強いですよ。
やはりJDD組が1つ上のレベルで闘ってる感じで、
私としてはゴールドドリームが1番強いと思ってます。

【俺の当たる競馬予想メルマガ】のメルマガ配信を2016年G1宝塚記念からスタート

話しは戻り、穴党ですが来週こそ最低でも万馬券を的中しないとですね。
来週末も宜しくお願い致します。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする