2016年 札幌記念 予想&結果 あっぷる

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

ヌーヴォレコルトは来たら仕方ないの切りはいいが、
雨は想定外で馬場は稍重の時点でトーセンレーヴは走る前から終了…予想は、

◎ ⑨ヒットザターゲット 10着(6番人気)
昨年の2着馬。内枠に入れなくても良馬場が大前提となる同馬。
また、近6戦で小牧Jに乗り替わってその内G1の3戦が何れも着外だが、
残りの3戦はG2で【1110】とパーフェクト連対。ここは一発を期待する。

○ ⑧トーセンレーヴ 14着(13番人気)
前走も推し結果大敗だったが稍重はやはり厳しかったか。
良馬場前提になるが、叩き2戦目で斤量も0.5キロ減はプラス。
短期免許を1週間延ばしたホワイトJに一発を期待する。

▲ ⑤ロジチャリス 15着(9番人気)
前走の重賞戦4着もあのルージュバックに0.5秒差。
その重賞戦7着馬は七夕賞勝ち、3着馬は函館記念勝ちと闘った相手はなかなか。
問題は鞍上より距離だけ。ここさえ克服できれば一発を期待できそう。

△ ②レインボーライン 3着(4番人気)
前走のG1ダービーはそもそも相手が悪かったがそれでも0.7秒差。
前々走のG1でも力を示しただけに2000メートルは血統的にも問題なさそうで
何より54キロは大きいはず。半信半疑だが期待してみる。

× ⑮モーリス 2着(1番人気)
距離は父スクリーンヒーローに母父カーネギーを考えれば逆によく1600メートルで
結果を出してるなと思いマイラーとはとても思えない血統。
最強モレイラJを背に叩き台としても馬券圏内は堅いはずで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着はまんまと逃げきった5番人気のネオリアリズム、
2着は外から伸びてきた1番人気のモーリス、
3着は大外から伸びてきた4番人気のレインボーラインでした。

我が本命の◎ヒットザターゲットですが結果は10着でした。
まさかの中団からレースを進めてましたがトーセンレーヴが下がったところに
煽りを喰らった感じにも見えましたが4コーナーでその場所では、
相手が相手だけに届く訳がない。

馬券的にはまさかのネオリアリズムが逃げましたか。。。
しかも、誰も競りかけず尚且つ少し渋った馬場も味方をし、
そして折り合わせてしまう手腕を持つルメールJの超好判断ですよね。
人気馬の中でモーリス、レインボーライン以外はいらないと踏んでましたが、
諸事情により金曜に予想を決めていた私は雨(稍重)!?…
はい、時既に遅しで致し方ないですね。

今週はどれもこれも予想は1頭ヌケ…3週連続的中にはならず残念でした。
来週こそ的中に向けて頑張ります!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする