2016年 札幌2歳ステークス 【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

2歳戦における鞍上の選択は翌年のクラシック路線に直結しかねない重要な問題だ。
函館2歳S「レヴァンテライオン」(皇成は戦線離脱中)
新潟2歳S「ヴゼットジョリー」(ユーイチ)
まだ道のりは長く、見限れない連中も数多い。
今日のメンバーも殆どが1戦1勝馬が多数。
ワケも分からず「とりあえず1周走ってきました!」って状況だ。

そんなオレの予想は…。

◎[9番]コリエドール
デビュー戦の鞍上モレイラは帰国し、ユーイチにスイッチ。
初戦は幼さを見せるも、気性の良さと実力面は折り紙付き。
叩き2戦目の上積みは大きく、状態は今回の方が断然上。
持ち前の能力とセンスで重賞のここでも通用する器だろう。
オレが最も気になるポイントは3つ。
「堀厩舎」「社台Co 白老F」「サンデーR」ってところ。
もー 逆らえん!

○[8番]タガノアシュラ
デビュー戦が函館芝1800mで逃げ切り大楽勝。
しかも、走破時計は当時の2歳レコードを1秒以上短縮する内容。
たぶん今回も同じ戦法だろうが、スピード一辺倒の馬ではなさそうだ。
陣営は「浜中が続けて騎乗してくれる」と思ってたら、フラれたらしい。
が、スイッチしたのはペース配分は絶妙な「ユタカタケ」だ。
初戦で4馬身ちぎったサトノアリシアはコスモス賞を勝ち、既にOP馬だ。
性能の高さでここも堂々と押し切る!

▲[10番]ディープウォーリア
唯一のディープインパクト産駒。
デビュー戦は先行して早めに抜け出し、上がり最速で2馬身差で押し切り。
「正直、仕上げ不足で出走に踏み切った。辛勝かと思ったら楽勝だった」と。
今回は中間も順調そのもの、デキも「前走が5割なら今回は8割」だと。
仕上がり5割で2馬身差つけて勝つか…。
今回、8割のデキなら圧勝もあり得るってことだ!

注[4番]トリオンフ
何故、浜中は「タガノアシュラ」ではなく、こちらを選択したのか。
浜中はこうした場面で「良い馬」を選ぶことに定評があるらしい。
良い例は昨年の桜花賞。
「除外対象のミッキークイーン」を選び、のちに2冠を制した。
話を戻しましょう。
520kgの大型馬ながら、好馬体で跳びが大きく、反応が良い。
モタモタするところがなく、センスのある走りをする。
レコード勝ちした「タガノアシュラ」
ではなく、コチラに騎乗する鞍上の意気込みを買う!

△[12番]アドマイヤウイナー
須貝厩舎「トリオンフ」との2頭出し。
「アドマイヤウイナーはまだ馬体が子供、鍛えれば鍛えただけ成長の余地がある」と。
初戦の内容は荒削りで、4角手前では万事休す…の状況に。
そこから非凡な能力を見せつけ、直線では根性で抜け出した。
上がりは速くないが、時計的にはマズマズの水準で走破。
奇しくも昨年の勝ち馬「アドマイヤエイカン」と全く同じチーム。
頑張れ!岩田っ!

【3連複5頭BOX】
[4番][8番][9番][10番][12番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
3  着 △[12番]アドマイヤウイナー
8  着 ○[8番]タガノアシュラ
10着 ▲[10番]ディープウォーリア
11着 注[4番]トリオンフ
12着 ◎[9番]コリエドール

ゲートが全て…。
行くハズの⑧タガノアシュラがクチ割っちゃって、もー大変(汗)
アノ時点でコイツはナイと確信。
で、有力馬が何故かみーんな後方待機。
札幌でアノ位置取りはどうかと…。
何の見せ場もなく、ありゃドライブしてきただけだな。
やっぱ1戦1勝は信用できん。

結果、クローバー賞の1着2着が入れ替わっただけか。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする