2016年 スプリンターズステークス(G1)の3連単5頭BOX予想で穴馬はどれにするか…

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

今年のスプリンターズSは前評判ではやはりビッグアーサーが一歩抜けてるでしょうか?
58キロをものともせず前哨戦のセントウルSを休み明けで勝ってしまいました。

という事でこの馬は横に置いておいて、勝手ながら穴馬を探っていきたいと思います。
私の中で上位人気は穴馬にならないのでその穴馬から外される馬は、

・ブランボヌール(キーンランドカップ勝ち) 武(豊)J
・ミッキーアイル(NHKマイルC勝ち馬でG1【0110】) 松山J
・レッドファルクス(2016CBC賞勝ち) デムーロJ
・シュウジ(函館SS2着、キーンランドC2着) 川田J
・ウリウリ(2015CBC賞勝ち) 戸崎J

この辺りでしょうか?もちろんダンスディレクターやソルヴェイグ、
ネロも入ってくるかもしれませんが現時点では人気が読めないので悪しからず…^^;

となると、それ以外で穴馬として要素を順不動で探ってみたいと思います。

先ずは、中山大得意のサクラゴスペルは、こと中山1200に限れば【3201(海外除く)】。
更に横山(典)Jに限れば【2201】と驚異的な相性。2015年の同レースは、
ストレイトガールの2着でミッキーアイルやウリウリを破っている。

次にG1馬のスノードラゴンで2014年の同レース勝ち馬。
近走も勝ち馬にそこまで差はなく鞍上大野Jに戻って2014年の再現も!?

3歳馬の中では1番人気しなそうなだがソルヴェイグ。
函館SSでは斤量50キロも味方に勝利。
また、レッツゴードンキは54キロと4キロ差の斤量で0.8秒の差を付けた。
強力世代といわれる3歳世代という事で牝馬53キロの斤量は魅力的。

他には、京阪杯の勝ち馬サトノルパン。
その京阪杯では今回1番人気となるビッグアーサーに同斤量でアタマ差の勝利。
その後は奮わないがその当時と同じ和田Jで一発を狙ってくるはず。

最後に、レッドアリオンは前走不利でどうにもならなかったが、
それでもビッグアーサーに0.4秒差。不利がなければ差はもっと縮まった感じ。
主戦川須Jに戻って大駆けも!?

とまぁ、考えてたらキリがないのですが、現状度外視してる馬は…
近2戦で3歳馬に歯が立ってないレッツゴードンキと、
夏競馬後の上がり目が見えないベルカントは現時点であまり考えてません。

最終的に予想は、

【俺の当たる競馬予想メルマガ】

でお送りしますが時間もまだあります。
一発目の秋競馬G1を当てるべく週末までに試行錯誤したいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする