2016年 秋華賞【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

3歳牝馬クラシック戦線は最後の一冠で春とは様相が変わるのか。
アクシデントで大物の名前が消え、唯一のG1馬が桜花賞馬ジュエラーのみ。
今日のポイントは「ローズS組」か「紫苑S組」なのかに尽きる。
確かに今年から重賞昇格を果たした紫苑Sではあるが…。
混戦ムードの中、オレは過去のセオリー通りに「ローズS組」を優位に見た!

そんなオレの予想は…。

◎[2番]ジュエラー
新馬戦を快勝→牡馬相手の重賞シンザン記念でクビ差の2着に善戦。
チューリップ賞と桜花賞では2戦続けてシンハライトとハナ差の接戦を演じた。
その後、骨折発覚によるオークスを断念せざるを得なくなった。
復帰初戦の前走ローズSはシンハライトと人気を二分し、3番人気以下は単勝15倍超という極端な状況だった。
結果は「先行して」まさかの11着と大惨敗を喫した。
病み上がりで乗り込み量も不足、「思ったより中身ができていなかった」と。
復帰初戦が最大のライバルとの再戦、おまけに初経験の重馬場と厳しい条件だったのは言うまでもない。
だが、これまでの「後方待機」から一転した戦法を取ったことに大きな意味がある。
メジャーエンブレム、シンハライトとライバルを次々と離脱させた春の激戦。
桜花賞馬が意地の変身を見せる!

○[15番]カイザーバル
前走ローズSは勝ちパターンから伸びそうで伸びきれなかった。
だが、空っ下手な「道悪馬場」でも馬自身が最後まで走るのを諦めていなかった。
調教助手も「良馬場なら突き抜けていた」と。
欲を言えば、前走のように内目の枠で脚をタメる競馬が理想だ。
馬場の軽い京都で同馬を狙わない手はないぞ!
因みに鞍上の四位はこのところ、ずっと騎乗回数を絞っている。
昨日は4鞍騎乗でオール掲示板。
今日はこのメインと最終12Rの2鞍のみだ。

▲[5番]レッドアヴァンセ
母エリモピクシーの全姉エリモシックは秋華賞2着かつ、エリザベス女王杯勝ち馬。
血筋を辿れば兄達は皆、京都の重賞勝ち馬だ。
同馬自身も京都実績(2.1.0.0)の淀巧者の血筋だ。
前走のローズSは馬体重プラス18kgで出走。
春からの成長分を含めてもまだ緩く映った。
エルフィンSを勝った時点で「今年の牝馬クラシックはこの馬で行く!」とユタカを断言させた馬だ。
(オークス時は海外遠征で不在だったな)
春先は馬体維持が最優先で攻めきれない中での結果。
陣営も「ラスト一冠、もう可愛がっていられない!」とビシバシにやったようだ。
秋華賞3勝のユタカに託す!

注[8番]デンコウアンジュ
脚質的にも展開に恵まれないとまだ脆い面を抱える同馬。
差し届かない場面が多く、実際にオークスでは9着ながら勝ち馬から0秒4差。
前走のローズSも休み明けながら勝ち馬から0秒4差の4着と馬場や状況を考えれば、健闘と言える着順まで脚を伸ばしている。
これまで「ロクに力を出し切っていない」レースが多く、真面に走れたのは昨秋のアルテミスSぐらいだろう。
「正直追い足りない」というローズSを叩いて急激な上昇を見せているこの中間。
京都の内回りコースでいかにあの最高速を引き出すか。
「先行争い」が激化しそうな今回、追えるウッチーの連続騎乗も心強い。
まとめてブッこ抜くチカラはあるぞ!

△[4番]パーシーズベスト
血統よし!枠順よし!記録よし!鞍上よし!
と、4拍子揃った同馬(笑)
血統は言うまでもない。
内枠有利が顕著な状況は先週の3日間開催で1~4番枠が11勝を挙げていた。
記録面では2走前の牝馬限定500万下の時計が超優秀。
阪神1800mで1分45秒3は1クラス上でも通用するもの。
今年の阪神1800mで3番目の時計らしい。
前走の紫苑Sは勝ち馬と1秒0も離された4着だが、一息入ってた影響で行きっぷりが悪かった。
(紫苑S組で買うなら「負けた馬」からが鉄則!)
更に鞍上のルメール、昨年の実績だが京都芝2000mで(9.5.2.3)連対率7割3分7厘。
今年は現時点で(4.2.2.3)連対率5割4分5厘の好成績だ。
ディープ産駒は4頭出走、その中でも最大の穴馬だ!

【3連複5頭BOX】
[2番][4番][5番][8番][15番]
狙いすぎかもしれんが、強気に攻める!

結果は…。
3着 ○[15番]カイザーバル
4着 ◎[2番]ジュエラー
5着 ▲[5番]レッドアヴァンセ
7着 △[4番]パーシーズベスト
9着 注[8番]デンコウアンジュ

4角を5番手辺りで回ってきた○⑮カイザーバル。
最後の直線では一旦先頭に立ち、そのまま行き切れる勢い。
『今日は…イケる!』と。

が、その直後を③パールコードと⑦ヴィブロスがガッチリとマーク。
まぁ、結果この2頭にゴール直前で交わされちゃうワケなんすけどね(汗)

今日の敗因は予想冒頭に書いたとおり、「ローズS組」か「紫苑S」かの見極め。
それと、△④パーシーズベストの項目で書いた
『(紫苑S組で買うなら「負けた馬」からが鉄則!)』
の2着馬と5着馬でのワンツーフィニッシュ。

でも、これで秋華賞TRの位置付けが変わるとも思えんな。
やっぱ、王道は『ローズS』だって。

たぶん来年も同じことで悩むよ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする