2016年 ラジオNIKKEI杯 京都2歳ステークス【あてたろう】予想とレース回顧 【的中】

今日のあてたろう予想!

今日は仕事です。
時間がないのでコメント割愛してる馬があります。

そんなオレの予想は…。

◎[8番]プラチナヴォイス
函館→札幌と洋芝での2戦は勝ちきれない競馬。
だが、休養を挟んだ3戦目で一変する。
京都開幕1週目の1Rだったとはいえ、京都芝1800mを1分45秒9で走破。
これは『京都芝1800m』の2歳コースレコードであり、3年前にイスラボニータが東京で叩き出したした『芝1800mの2歳レコード』とも同タイムだ。
単純に時計だけで言えば、古馬OP級にも匹敵する実力と言える。
最終週の馬場適正と距離延長がポイント、己との戦いだろう。

◯[9番]ヴァナヘイム
前走の萩Sは典型的な『スローの上がり勝負』
結果的には「番手にいた」プラチナヴォイスが直線で抜け出て勝利。
その状況から、「逃げ馬」「3番手の馬」「4番手の馬」も前残りできそうなものの、軒並み撃沈…。
同馬は「5番手」の位置取りから上がり最速の脚で2着。
勝ち馬からは0秒3離されたが、末脚は際立っていたし、3着以下には0秒3差をつけた。
今回も相手はプラチナヴォイスだけか。

▲[4番]ソーグリッタリング
夏場の2戦はどちらも粘りを欠いての敗戦。
夏負けもあったようで秋まで『充電』、復帰初戦の未勝利戦は別馬のような走り。
ちなみにこの時の勝ち時計は京都芝1800mで「1分48秒7」
1週前に同条件で開催されていたOP特別の萩Sより0秒5も速い好時計だ。
持ち時計的にもこのクラスで十分通用する裏付けがある。
外回りから内回りに変わるのも脚質的には追い風となる!

注[3番]カデナ
デビュー戦から3戦連続で上がり最速の脚を使っている。
そのうち初戦と前走は33秒台前半という2歳馬離れのキレ味だった。
前走の百日草特別は一瞬、前を捌くのに躊躇した様子だったが、それでも33秒4の脚。
ちなみに勝ち馬との着差は4分の3馬身、初戦の阪神でマークした上がり最速時計は33秒1。
「前走は後方だったが、今回は中団あたりの位置取りから進めたい」と。
たぶん、今日のメンバーなら自慢の末脚が炸裂する!

△[10番]ベストアプローチ
いつも言ってる「信用できない1戦1勝馬」
[7番]アダムスバローズと迷ったんだが…前者を選択。
(ごめんなさい、時間がナイのでコメント割愛)

【3連複5頭BOX】
[3番][4番][8番][9番][10番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1着 注[3番]カデナ
2着 ◯[9番]ヴァナヘイム
3着 △[10番]ベストアプローチ
5着 ▲[4番]ソーグリッタリング
6着 ◎[8番]プラチナヴォイス

コメントを割愛した△⑩ベストアプローチが3着に食い込んだ。
初戦はセンスある走りで長くイイ脚が使えた。
同じ舞台を使った上積みは大きく、京都2000mでもう一丁あるか。
簡単に言えば、そんなことを書こうとしてた。

しかし、◎⑧プラチナヴォイスの竜二にはちょっと気の毒な競馬。
ミルコが強引な競馬で「パッチン」食らわしたからなぁ。
アレで竜二の馬は戦意喪失しちまったよ。
ミルコもあそこまでやったなら3着には持ってこねーとだわ。

③⑨⑩の3連複で23.6倍か。
一応の「的中」だが、欲を言えばもうちょっとツイて欲しかったわ。

今後も無料メルマガでの予想となりますが、
もし宜しければ登録お願いします。

【俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム】

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする