2016年 ジャパンカップ【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

「どの外国馬が馬券圏内に来そうなのか」
と、必死に考えていたのはもはや過去のハナシ。
今は「日本の日本による日本のためのレース」
それが、近年の「ジャパンカップ」だ。

そんなオレの予想は…。(京都G3京阪杯は「ケン」です)

◎[3番]ゴールドアクター
3歳春先までは特に「突出」した馬ではなかった。
だが、その夏の札幌500万下から「一変」する。
そこから10戦して8勝を挙げ、そのうち4勝が重賞レース。
(昨年末のグランプリ有馬記念制覇は記憶に新しい)
人気を背負った今春の天皇賞12着の大敗理由はオレが思うに3つある。
「3200mの距離」「関西への長距離輸送」「ローテ」が理由だろう。
特に同馬は1戦1戦を完全燃焼するタイプで間隔を空けた方がいい走りをする。
その点、今回は秋初戦のG2オールカマーを快勝して中8週と余裕のローテ。
昨年の「有馬記念」を思い出して欲しい。
その時、逃げていたのは「キタサンブラック」だったという事を。
完全ロックオンで昨年の有馬記念の再現がある!

◯[16番]リアルスティール
昨年のクラシック3冠ではG1タイトルにあと一歩が届かず。
今年3月のドバイターフで悲願の「G1馬」となった。
が、帰国初戦のG1安田記念(初マイル)で11着と大惨敗。
その後は休養に入るも、秋初戦の毎日王冠を回避し、ぶっつけで天皇賞(秋)へ。
裏情報だが、当日は装鞍所で大暴れして『普通の馬なら走れる状態ではなかった』らしい。
それでいて、王者モーリスと0秒2差の2着に走れる高性能だ。
とにかくこの馬は「テンション」がポイントになるだろう。
前に壁が作れない状況でも「折り合い」をつける事ができるムーア。
ドバイターフで同馬を「G1馬」にしたのはそのムーアだ。
まともな精神状態なら、実力は十分通用する!

▲[9番]ディーマジェスティ
今年の皐月賞馬であり、日本ダービー3着、前走の菊花賞は惜しくも4着。
4角では既にマサヨシのムチが入り、勝ち馬サトノダイヤモンドとの手応えは歴然だった。
ラスト200mから突き放されて、0秒5差をつけられる結末。
その敗因は様々だが、「初の関西圏への長距離輸送」だったのではないか。
輸送減りも加味して馬体を作っただろうが、プラス6kgと何となく太め残りに映った。
それを教訓に攻め馬も強化、
今回、早々にJC参戦を決めたのも何か他に理由がありそうだ。
今年2月のG2共同通信杯を勝った時点で「東京は走る!」とマサヨシは確信したそうだ。
サトノダイヤモンド、マカヒキが不在の「最強世代代表格」としての意地を見せる!

注[14番]レインボーライン
正直、ちょっと掴みづらい馬ではある。
その理由は「使ってくるレースの距離が曖昧」な点だ。
春先はマイル路線を照準に入れてると思いきや、NHKマイルC→日本ダービーへ。
夏場はG2札幌記念(2000m)から始動し、ネオリアリズム、モーリスに次ぐ3着。
ここを使ったなら、G1天皇賞(秋)へ行くのが既定路線だが「G1菊花賞(3000m)」へ進む。
フツーの馬なら、「もうワケが分からん…」という状態だと思う。
だが、そこでもキッチリ対応し、サトノダイヤモンドと0秒4差の2着と大健闘。
東京2400mは日本ダービー以来だが、当時は押せ押せのローテで参戦、位置取りも後方過ぎた。
今回は夏1戦、秋1戦から1ヶ月あけてのレースで上積みは大いにある。
立場は全くのチャレンジャーだが、ルメールは間違いなく狙ってるぞ!

△[1番]キタサンブラック
天皇賞(春)1枠1番
京都大賞典 1枠1番
そして今日、1枠1番
何か「疑惑」が起きそうなほど上手く収まりすぎる(笑)
それだけ「何かを持っている馬」だということか。
当然、実績も断然であることは言うまでもない。
これまで12戦して(7.1.3.1)、3着内率は「9割1分7厘」と驚異的な安定感だ。
唯一ある1回の着外が今回と同舞台の「東京芝2400m」を不安視する声もある。
過去10年の傾向からも、逃げて3着内に残った馬は皆無だ。
だが、今となっては菊花賞と天皇賞(春)のG1を2勝と既に日本の大将格。
テンよし、中よし、終いよしの三拍子揃った同馬。
いつも以上にサブちゃんの鼻息は荒い!(向かい風はヤメテ)

【3連複5頭BOX】
[1番][3番][9番][14番][16番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1  着 △[1番]キタサンブラック
4  着 ◎[3番]ゴールドアクター
5  着 ◯[16番]リアルスティール
6  着 注[14番]レインボーライン
13着 ▲[9番]ディーマジェスティ

自分でレースを運べる強みで後続を寄せ付けなかった△①キタサンブラック。
オレは「逃げ切るまではどうか」と半信半疑で△と評価を抑えた。
終わってみれば、2着まで押し上げた⑫サウンズオブアースに0秒4の差をつけた。
◎③ゴールドアクターと◯⑯リアルスティールは最後は息切れしてたな。

①キタサンブラックは「強かった」の一言、その強さだけが際立った内容。
「第36回」で「サブロー(36)キタジマ」と出来過ぎのJCだった。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする