2016年 金鯱賞【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弐]

あっとゆー間に「有馬」がくるよ。

そんなオレの予想は…。

◎[8番]ヴォルシェーブ
アルゼンチン共和国杯は勝ち馬と0秒1差の3着。
その勝ち馬シュヴァルグランが先週のJC3着なら、この馬の地力も相当ということだ。
1年4ヶ月の休養から3戦オール馬券対象、よくぞ立ち直った!
ここも圏内は確実だ!

◯[5番]シュンドルボン
エリザベス女王杯の敗因は…。
「枠順」「位置取り」「展開」だった、と陣営。
『おいおい、何もかもぢゃんよ。ソレを敗因と言うのか?』とツッコミたくなるコメントだ。
乗り慣れた吉田豊から何故「丸田」かはナゾだが、今回はテンから出して行く作戦のようだ。
それで「折り合い」さえつけば、やれてイイ脚はある!

▲[7番]サトノノブレス
これまでG1は6度の挑戦で「8着」が最高着順。
一線級が相手だと、ワンパンチが足らない。
だが、少しメンバーがラクになると豹変する!
実際にG1直後に出走したG2もしくはG3戦の戦績は(2.2.0.1)の安定感だ。
過去の傾向からも今回は「ガラリ一変」の好走パターンだ!

注[2番]レコンダイト
前走のアルゼンチン共和国杯でも穴ならコレかと推した。
が、期待を裏切る「出負け」…。
上がりは確実にイイ脚を使ってくるが、使いどころがムヅカシイようだ。
音無センセイ曰く、今回は前走時よりさらに上向いていると。
確かに叩き3戦目、ユタカなら上手く乗るはずだ!

△[13番]ヤマカツエース
天皇賞(秋)15着。
まぁそもそも人気も無かったが、大敗の原因は「馬体重」にある。
元々、500kg超の馬格が前走時は「484kg」まで落ち込んでいる。
これまでの傾向から「輸送」が明暗を分ける事か多いような気がする。
帰厩後は馬体も戻って現在は510kg、中京までの輸送なら許容範囲だろう。
当日の馬体重に要注意だ!

【3連複5頭BOX】
[2番][5番][7番][8番][13番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1着 △[13番]ヤマカツエース
3着 ◯[5番]シュンドルボン
3着 ▲[7番]サトノノブレス
6着 注[2番]レコンダイト
9着 ◎[8番]ヴォルシェーブ

「パ?パド?なに?だれ?そんなんいた?」
そんぐらい眼中になかったわ。
そいつさえ居なきゃの「3着」が同着とキタ。
⑤⑦⑬の3連複なら69.8倍だったが、2着ヌケの9番人気が入っちゃうとねぇ。

やはり開幕週は追い込み馬にはキビシイ展開になるね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする