2016年 チャンピオンズカップ【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

そもそも2007年までは「ジャパンカップダート」として東京2100mで開催。
翌年から2013年まで阪神1800mで開催。
そして2014年には中京競馬場のリニューアルに伴い、開催地を中京へ移し、レース名称も変更。
正直、「G1競走」という気が未だにせず。

そんなオレの予想は…。

◎[12番]ゴールドドリーム
デビュー以来、3着圏内を外したことがない優等生。
初古馬対戦だった前走の武蔵野Sは重馬場をハイペースで飛ばす逃げ馬を追い詰めての2着。
レコード決着から0秒2差の大健闘だ。
ちなみにその走破時計「1分34秒0」は歴代のフェブラリーSに匹敵するペースタイム。
それを3歳秋の時点でやってのけた。(あくまでも1600mのハナシね)
重賞実績はまだG3ユニコーンSを1勝のみだが、資質の高さは秋初戦のそのレースで証明した。
昨年、12番人気のサンビスタを「走らせた」ミルコも心強い。
3歳秋を迎えて充実一途、勝ち負け必至だ!

◯[2番]アウォーディー
ダート路線に変更してからまさかの6連勝。
前走のJBC(川崎)で遂にG1馬にまで成り上がった。
馬は既に6歳、戦績を遡れば「芝のレースで26戦」している。
一見、無駄に思える芝での26戦も培ってきたスピードや瞬発力がダートでも活かされているのだろう。
実際、ここ6走の6連勝全てが『上がり最速』という事実。
ダートの猛者達を纏めて面倒みた前走のレース振りから、今の同馬を負かせる馬がいないかもしれない。
「戴冠」に最も近い位置にいる!

▲[9番]ノンコノユメ
昨年の2着馬。
帝王賞(大井)2着後、休養に入って「遂に」去勢した。
どんな馬でも去勢直後は体質が大きく変わり、大半の馬が大幅な馬体減に陥る。
これは一種の「賭け」であり、そのまま闘争心を失って引退するケースもある。
だが、同馬は前走のJBC(川崎)を見る限り「良い方向に出た」と思われる。
マイナス15kgと馬体が大幅に減った状態でJBC4着と「走れなくなった」訳ではない事は証明された。
一般的に去勢効果がはっきり出るのは「2戦目」と言われている。
まだ見限ってはならん!

注[15番]モーニン
今年のフェブラリーSをレコード勝ち。
そもそも遅いデビューから4連勝で一気のOP入り、重賞初挑戦が昨年のG3武蔵野Sという経歴。(その時の勝ち馬はノンコノユメ)
明け4歳の重賞2連戦(根岸S→フェブラリーS)特にレコード勝ちが疲労に繋がっていたことは容易に想像できる。
そもそも同馬は今回で「まだ11戦目」。
前走はメンバー的には酷量とも思える59kgを背負い、超スピード決着で大敗。
前々走の日テレ盃(船場)では現在「飛ぶ鳥落とす勢い」のアウォーディーとタイム差なしの激戦を演じている。
先週土曜は6勝の固め打ちをしたリーディングトップの戸崎。
鞍上込みで春のダート王の逆襲がある!

△[8番]サウンドトゥルー
長らくダート路線の覇権を握っていたホッコータルマエ、コパノリッキーを昨年の東京大賞典(大井)で纏めて撃破。
あれから既に一年。
その後も新興勢力のノンコノユメやアウォーディーの台頭により、なかなか地味な存在から抜け出せない。
とはいえ、意外と大崩れを見せない同馬も紛れもない猛者の一角と言える。
今年は「地方交流競走」ばかりを走ってきたが『直線の長いコースでの末脚勝負』が合うタイプ。
実際、昨年のこのレースは3着とコース替わりは歓迎だろう。
マイルは短く、2000mは若干長い…となれば必然的にベストは1800mか。
今年の最大の目標は東京大賞典の連覇ではない。
ココがメイチの勝負だ!

【3連複5頭BOX】
[2番][8番][9番][12番][15番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1  着 △[8番]サウンドトゥルー
2  着 ◯[2番]アウォーディー
6  着 ▲[9番]ノンコノユメ
7  着 注[15番]モーニン
12着 ◎[12番]ゴールドドリーム

レース前にある騎手が言った。
「もしかしたら、前が止まらないかもしれない」と。

◎⑫ゴールドドリームは若干の出負け気味も押し上げて前めに。最後は息切れ…ミルコは追いもせず。
注⑮モーニンは5番手辺りにつけるも、一旦何故下げた?

終わってみれば、大半が「差し追い込み馬」でドッと押し寄せたワケだが…。
△⑧サウンドトゥルーは豪脚一閃、あれでは◯②アウォーディーも敵わねぇわ。

そんな中で唯一、前めで競馬して残した奴がいる。
「アスカノロマン」だ。

戦前から「アスカ馬券」はあるかも知れんと内輪で言われてた。

お騒がせの「飛鳥」だけにね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする