2016流行語大賞に相応しい里見治氏はこの2ヶ月でG1・4勝は正に『神ってた』!

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

はい、昨日行われた有馬記念ですが超強力なメンバーが揃う中、
3歳馬のサトノダイヤモンドがキタサンブラックやゴールドアクター相手に、
勝利しG1・2勝目を挙げましたね。

55キロという斤量も味方したのもありそうですが、
何より…『神ってる』セガサミーホールディングス会長兼社長の、
里見治氏の勢いの方が強かった!?^^;

今年のクラシック最終戦となる菊花賞でサトノダイヤモンドが初G1・制覇で、
里見氏も馬主になって初のG1制覇となりましたね。

そこから『神ってる』が始まりましたが、
海外の香港ヴァーズではあのハイランドリールを相手に、
所有馬サトノクラウンが見事勝利。更には2歳王者を決める朝日杯FSにて、
6番人気の低評価を覆すサトノアレスが勝利。
そして止めに昨日の有馬記念で里見氏G1・4勝目となるサトノダイヤモンドが勝利と、
僅か2ヶ月間でG1・4勝の固め打ちは正に『神ってる』に相応しい言葉。

ホントあれだけG1を勝てなったのが不思議なくらい勝ちまくり。
「G1の呪縛」という言葉をよく使いましたが、
解き放たれた瞬間から怒涛の如くG1を勝つのは、
元々良血馬を所有してるのもありますが、
池江泰郎氏のアドバイザーとしての活躍も見逃せないですよね。

来年は、サトノダイヤモンドで凱旋門賞を狙うようですし、
2歳クラシックにはサトノアレスに個人的に期待の2戦無敗馬のサトノアーサー、
海外血統のサトノクラウンを中心に本当に楽しみな1年になりそうですね。

1990年から馬主資格を取得しこれまで色々とありましたが、
本当におめでたい事ですね。素直に心より祝福したいと思います。

来年もドラマを楽しみにしております。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする