2017年 フェブラリーステークス(G1)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

中央競馬でのダートG1競走は2つのみ。
ダート路線の王者を決める重要な一戦だ。
年末のチャンピオンズC(中京1800m)からフェブラリーS(東京1600m)に舞台を替えてのダート王者決定戦。

東京ダート1600mはスタートしてから「芝コース」を走る。
この「芝の部分」は外枠ほど長く、内枠が短い。
行き脚がつき易い芝の部分を長く走れる外枠が有利とされている。
が、逆に苦手な馬もいるんだよね。

そんなオレの予想は…。

◎[3番]ゴールドドリーム
3歳の昨年、同舞台の東京ダート1600mのユニコーンS(G3)勝ち。
秋にも同舞台の武蔵野S(G3)で2着。
紐解くと、このふたつの重賞で「連対した3歳馬」は過去に2頭しかいない。
2005年のカネヒキリと2015年のノンコノユメだ。
特に強力な古馬との対戦になる武蔵野Sで連対することは簡単にはできない芸当だ。
前走のチャンピオンズC(G1)はイレ込みがキツく、掛かり気味に先行。
前めに行った馬には厳しい展開、12着の大惨敗は当然の結果だろう。
得意舞台で仕切り直し、新ダート王の座に就く!

◯[9番]ベストウォーリア
2014年「13着」→2015年「3着」→2016年「4着」→今年で4年連続での参戦。
ここ2年は勝てないまでも掲示板を確保し、実力馬らしい走りは見せている。
そんな前2年は「休み明けぶっつけ」で本番の臨戦過程だった。
今年は58kgのハンデを背負ってでも前哨戦の根岸S(G3)を敢えて使ってきた。
結果はカフジテイクの決め手に屈したが、3着には2馬身半差をつけている。
レース内容も好位直後から脚を伸ばす安定感のある走り、改めてセンスの良さと実力を証明した。
ひと叩きして本番の今年は前2年以上の状態は間違いない。
「4度目の正直」で悲願の中央G1制覇だ!

▲[11番]ノンコノユメ
昨年の同レース2着馬。
帝王賞(Jp1)2着後、4ヶ月の休養中に「去勢手術」に踏み切る。
流石に休養明け初戦は馬体重も大きく減らしてしまったが、大崩れしなかった。
年末のチャンピオンズC(G1)→東京大賞典(G1)は人気以上に走れなかったが、ようやく馬体も安定してきた様子。
先週まで2週続けて強い調教、今週は軽めで馬のペースに任せる調整。
東京ダートはオール馬券対象の(4.1.1.0)だ。
昨年の借りを返す!

注[6番]モーニン
昨年の同レース覇者。
その後は悉く期待を裏切り続けている現状だ。
血統的にも本質は「マイル以下」がベストディスタンスだろう。
前々走の武蔵野S(G3)は1番人気ながら7着敗退は道悪でのハンデ59kgが響いた。
更に距離を伸ばした年末のチャンピオンズC(G1)7着から距離短縮でぶっつけ本番。
坂路調教で好時計を出すも、上がってきて直ぐに息が入ったらしく「ここ2走同様にまだ本気で走ってない」という情報がある。
この中間はメンコをつけて気持ちにメリハリをつけてきたらしい。
陣営としては内めの枠に入るのが理想だったようだが、鞍上ムーアならそんな事は憂鬱に終わる!

△[1番]サウンドトゥルー
2016年チャンピオンズC(G1)を上がり最速で差し切り勝ち。
飛ぶ鳥を落とす勢いだった「アウォーディー」をタイム差なしで競り負かし、G1ホースに上り詰めた。
今回、各紙で挙げられている不安要素は「芝スタート」と「距離短縮」のふたつ。
確かに芝スタートを使うのは2015年のアハルテケS以来であり、実に1年8ヶ月振りだ。
テンに置かれる可能性はゼロではないが、この1番枠がカバーしてくれないか。
とはいえ、東京ダート実績は(4.3.5.6)と極端に相性が悪い訳でもない。
主戦の大野が騎乗停止、ベテランのヨシトミさんに託された。
最後の末脚は堅実!昨年の最優秀ダートホースをナメんじゃねぇ!

【3連複5頭BOX】
[1番][3番][6番][9番][11番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1  着 ◎[3番]ゴールドドリーム
2  着 ◯[9番]ベストウォーリア
7  着 ▲[11番]ノンコノユメ
8  着 △[1番]サウンドトゥルー
12着 注[6番]モーニン

◎③ゴールドドリームと◯⑨ベストウォーリア。
3着に「消し」の⑩カフジテイクがヌケの結末…。(ちと無謀だったか)
③⑨の馬連複でも14.7倍。

▲⑪ノンコノユメはもうちょっと前めで進めて欲しかった。
去勢の影響か以前ほど斬れる脚がない。
△①サウンドトゥルーのヨシトミさんはそのまま内に行かず、意図的に外めに出して⑩カフジテイクに併せにいったのか?。
それが良かったのか悪かったのか…一気に突き離された。
注⑥モーニンはヲワタかもな。

何だか昨日と似たような着順。
もったいねぇ買い方しちまったわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする