2014 有馬記念 予想

枠順も抽選となり、各陣営の悲喜交々が伝わってきそうです。
外枠に入った3頭が強いのは重々承知しています。
しかし、枠の有利不利は大きく、私は外めの馬の評価を下げました。
かつ、ジャスタウェイ消し。
かつ、中山は鬼門のディープ産駒消し。
そんな私の渾身の予想は…。

◎ ③ワンアンドオンリー
秋4走目の今回はノリが無理を言って参戦を進言したのは脈があるからの他ならず、なにか奇襲をかける。
凡走が2走続いているが、腐っても第81代日本ダービー馬。
底力を侮ると痛い目にあうかも。

◯ ⑥トゥザワールド
春の成績を振り返ると弥生賞勝ちに皐月賞2着。クラシック最右翼と言われた同馬。
この一族(トゥザグローリー、ビクトリー)は中山コース適性が極めて高く、小回り向きの器用な小脚を使える。
騎乗停止のビュイックはここでひと稼ぎしないと。

注 ⑬エピファネイア
スミヨンの完璧な騎乗からのスイッチで川田の心境や如何に…。
エピファネイア自身が自分との戦いに打ち勝てば再度の圧勝もある。同馬はとにかく先頭に立ちたがる。この枠だけに前に壁を作れるかどうかが鍵。

▲ ⑭ゴールドシップ
阪神•中山コースに限れば(7.1.1.0)と抜けた数値。だが、唯一3着に敗れたのは昨年の有馬記念。かつ、中山の良績は3歳時のもの。出遅れ癖は変わらず、この枠が最後まで影響しないか。今回に関しては「取りこぼしもありえる」と話す関係者は多いらしい。

△ ⑩フェノーメノ
この秋は天皇賞(蛯名)⇒JC(岩田)⇒有馬記念(田辺)と毎回鞍上スイッチ。
実は田辺、重賞でのテン乗りが大得意でとてつもない複勝率。
先入観なしの騎乗で攻めてほしい。

【3連単3頭軸】フォーメーション
③⑥⑬→③⑥⑩⑬⑭→③⑥⑩⑬⑭

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

■─────────────■
穴馬が来る方法さえわかれば…

高配当的中は実に簡単でした
■─────────────■

例えば4月9日(日)

阪神11R 桜花賞(G1)

・結果
1着:10番レーヌミノル(8番人気)
2着: 6番リスグラシュー(3番人気)
3着:14番ソウルスターリング(1番人気)

3連単60点【的中】→94,890円獲得

1番、3番人気の馬はもちろんの事、
8番人気のレーヌミノルもシッカリと捕えました。

更には4月8日(日)

中山11R ニュージーランドT(G2)

・結果
1着: 6番ジョーストリクトリ(12番人気)
2着: 4番メイソンジュニア(8番人気)
3着:16番ボンセルヴィーソ(5番人気)

3連単60点【的中】→496,220円獲得

なんと、8番人気のメイソンジュニアだけでなく、
12番人気のジョーストリクトリまでガッチリと捕え、

回収率は驚異の8270倍!!!

『なぜ?どうやって?
 2桁人気の大穴を簡単に捕える事ができたのか?』

その答えは、
今話題の[競馬指数]にあります。
↓↓↓

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━
競馬予想はもう必要ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、先ほどの
穴馬を的中させたレースは、

~~~~~~~~~~~~~~~~
 競馬指数を見て1分足らずで
買い目を出したものなのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

頭から湯気が出そうな程、悩む事も、
目が焼け付く程、新聞を眺める事もありません。

誰でも簡単に、
わずか1分で的中できてしまうのです。

巷に転がっている、
使い物にならないゴミのような競馬データでは、
高配当はおろか、的中させる事で精一杯ですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この競馬データは普通ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの競馬データの欠点を見事に打ち破り、

『高配当×高確率』を実現させた、
競馬予想の常識を壊したデータなのですから。

あなたの頭の中にはまだ
沢山の「?マーク」が点滅しているでしょう。

■なぜ?大穴を的中させられるのか?

■どれほどの的中を出せるのか?

■本当に簡単に予想ができるのか?

その疑問は、下のサイトをみればすぐに
解決するでしょう。

恐らく今まであなたが見た事もない
的中の数々を見る事になりますが、、、

全て真実です。

その証拠に過去のデータは全て公開しており、

何より、今週末あなたはこの競馬指数の
実力に驚く事になるのですから。

  詳しくはこちらからご覧ください
      ▼ ▼ ▼

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする