【POG】ディープインパクト産駒で母ロベルタの2016となるフランクリンの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

馬主がアドマイヤの冠でお馴染み近藤利一氏の
奥様近藤英子氏の所有馬となりますが注目の1頭。
父ディープインパクトで母はロベルタの2016となる
フランクリンを紹介したいと思います。

馬名:フランクリン(2歳・牡馬)
馬主:近藤英子氏
管理:音無師
父:ディープインパクト
母:ロベルタ
母父:ブライアンズタイム
デビュー予定日:2018年9月16日(土) 阪神 芝1800m
鞍上予定:ルメールジョッキー

POGの本でもかなり取り上げられてるましたが、
母ロベルタはリンカーンやヴィクトリーを輩出した
グレースアドマイヤの8番仔で、
自身は12戦3勝で結果を出せず500万下の身ながら
引退・繁殖に上がりました。

その母ロベルタからは、

2014:コペルニクス(父ディープインパクト/牡馬)
現在名古屋へ移籍した現役馬ですが、
中央でデビューし6戦して2着3回、3着2回、4、11着と
後一歩勝ち切れず地方へ移籍という感じですね。

2015:フランツ(父ディープインパクト/牡馬)
デビュー戦で新馬勝ち後に500万下で5着に敗れるも
再度500万下のアルメリア賞で2勝目をゲット。
一気に格上挑戦の京都新聞杯に挑み1番人気に支持されるも…
結果は10着と大敗し脚部不安で次走ラジオNIKEEI
もフレグモーネで回避とまだ復帰してませんね。
個人的にはPOG指名してただけに活躍を期待してたのですが、
思ったより成長が遅かったですね。

そして3番仔となるこのフランクリンも2頭に続く
ディープインパクトの牡馬でかなり期待されてる1頭ですね。
コペルニクス、フランツ共に11月デビューでしたが、
同馬は来月9月中旬にはデビューができそう。

血統的にも父ディープインパクト×母父ブライアンズタイムで
ディーマジェスティやゼーヴィントが活躍した配合。
また、最近の近藤英子氏は過去にカンパニーやアンビシャス、
リンカーンなど所有してましたし、
最近だと3歳未勝利から3連勝で青葉賞を制し、
オークス1番人気に支持され3着となったアドミラブルや
スイートピーS(OP)勝ちのジェラシー等がいます。

アドミラブルくらい走る可能性もありそうな配合だけに、
鞍上ルメールJを確保し、音無師に預託した期待がどんな結果を
出してくるか興味津々な1頭です。

来月のデビュー予定ですがデビュー戦が楽しみです!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする