2019年 京都新聞杯(G2) 予想 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

残念ながらこのレースも同様今週末もメルマガ配信ができない為、このブログにて予想を公開させて頂きますのでご了承下さいませm(__)m

来たら仕方ないは1番人気であろうタガノディアマンテにしました^^;
そんな私の予想は、

◎ モズベッロ
デビューから3戦で4、1、5着とレースに若さを見せているが力がありそうな内容。前走後は連闘の毎日杯を見送りプリンシパルは輸送を考慮!?してかこのレースへ。鞍上はテン乗りとなる藤井(勘)Jだが大外から馬券圏内うを期待してみる。

○ フランクリン
距離延長の部分だけが気になるもののデビュー戦を1番人気で4着に破れ喉の手術で休養。前走の休み明けは後方から最速の上がりであっさり差し切り勝ち。そして馬主が近藤英子氏の馬。好調の勢いで北村(友)Jに距離の部分をカバーして好走を期待してみる。

▲ オールイズウェル
500万下も勝てない身だが、2走前の毎日杯では出遅れながらも勝ち馬に0.5秒差まで追い詰めた。また、前走は直線入り口で不利がありながらも勝ち馬に0.1秒差の3着とまともならと思わせたレース。抜けた存在がいないメンバーで距離延長が大幅プラスとみて期待してみる。

△ サトノソロモン
タガノ、ヴァンケ、ロジャー、トーセン等もいて半信半疑だが池江師が前走を見ても素質を買っている。デムーロJはカントルの絡みで騎乗しないが鞍上はアヴドゥラJに乗り替わる点はやや不安も、2億8,000万円の落札馬という超良血馬と言われる走りをそろそろ…期待してみようかな。

× ブレイキングドーン
デビュー戦以外は全て推しG1で2回とも裏切られたがG2以下のレースならば再度推す。重賞実績に相手関係に加え集中力IPのチークピーシーズ着用でここは好走の可能性は十分ある。福永Jもデビューから手綱をとっておりそろそろ勝利に拘っての騎乗を期待する。

買い目はいつも通り、5頭3連単BOXの60点で勝負!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする