【POG】オルフェーヴル産駒で母タガノレヴェントンの2016となるタガノディアマンテの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、オルフェーヴル×キングカメハメハの配合で
どんな結果を出していくか気になる1頭。
オルフェーヴル産駒で母タガノレヴェントンの2016となる
タガノディアマンテを紹介したいと思います。

馬名:タガノディアマンテ(2歳・牡馬)
馬主:八木良司氏
管理:鮫島(一)師
父:オルフェーヴル
母:タガノレヴェントン
母父:キングカメハメハ

母タガノレヴェントンは3戦0勝の未勝利で引退し繁殖へ上がりました。
その母タガノレヴェントンの仔ですが優秀。

2010:タガノトネール(父ケイホーム/セン馬)
2012:タガノエスプレッソ(父ブラックタイド/牡馬)
2013:タガノレヴェントン2013(父エンパイアメーカー/牝馬)
2014:タガノヴェローナ(父クロフネ/牝馬)
2015:タガノエルフ(父キンシャサノキセキ/牝馬)

と、2013は未出走で実質4頭がデビューしてますが
タガノトネールは地方のサマーチャンピオン(G3)と、
武蔵野S(G3)の重賞を2勝しこれから!という時に、
放馬で暴れてしまい骨折から予後不良と
38戦8勝の成績で亡くなりました…非常に残念です。
また、タガノエスプレッソはデイリー杯2歳Sを勝利し、
ダートに転向し勝利も挙げ26戦4勝と現役で頑張ってますね。
2014、2015はまだそこまで結果を出せてませんが、
2016は父がオルフェーヴルとなり今や種牡馬として
新たな地位を確立しそうな勢い。
また、冒頭にも述べたオルフェーヴル×キングカメハメハは
気になっており現時点(2018年6月20日現在)で、
中央デビューは僅か4頭?の

2015産:
モルフェオルフェ(牝馬) 8戦1勝
ダノンテアトロ(牡馬) 5戦0勝
ビービーデフィ(牡馬) 3戦1勝

2016産:
ショウリュウイクゾ(牡馬) 1戦1勝

で、先週の新馬戦でショウリュウイクゾが早くも新馬勝ちをし、
4頭中3頭が勝ち上がり2頭は新馬勝ちという配合は興味津々(@_@)
また、2016産ではビキニブロンドの2016がいますし、
先々楽しみな配合と思ってます。

そして今回その配合となるタガノディアマンテですが、
タガノトネールの分も頑張って好結果を残す成績になるといいですね!
個人的に馬名もカッコよく、どんな結果を出すか非常に楽しみ。

デビューが楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする