【POG】オルフェーヴル産駒で母カメリアローズⅡの2016となるドンドンキードンの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、もう馬名を見ただけでおおよそ想像がつく馬主さんですね。
父はオルフェーヴルで母はカメリアローズⅡの2016となる
ドンドンキードンを紹介したいと思います。

馬名:ドンドンキードン(2歳・牝馬)
馬主:廣崎利洋HD
管理:野中師
父:オルフェーヴル
母:カメリアローズⅡ
母父:オラトリオ

やはり最初は馬名ですよね~ドンドンキードンは面白い!
廣崎氏はレッツゴードンキの馬主でもあり、
G1でこの馬がゴール盤を先頭で駆け抜ける時は
思わず笑ってしまいそうです^^;

はい、それでは母のカメリアローズⅡですが
国内でデビュー予定だった
カメリアローズⅡの2015:ラルース(父オルフェーヴル/牝馬)
がいましたが、どうやら中央からは抹消となっており、
今後地方へいくのか?わからない状況です。

という事で、この母からのデビューは同馬のドンドンキードンが初。
配合的には活躍馬も出てる配合ですし、
父オルフェーヴル×母父オラトリオですが、
中央デビューは僅か1頭?で、

2015産:キスオンザグリーン(父オルフェーヴル/牝馬)
2戦0勝で勝ち馬から0.9秒差、0.5秒差と、
芝2000mでレースをしましたが勝ち切ることができてませんね。

まだまだサンプルが少ないので見限れないのですが、
日本でも馴染みが少ないアイルランド産の
種牡馬のオラトリオは、

戦績:15戦6勝
父:デインヒル
母:Mahrah
母父:ヴェイグリーノーブル

で、デインヒルの血を持ちジャンリュックラガルデール賞、
エクリプスステークスや愛チャンピオンステークスと
G1を3勝した種牡馬です。産駒からは
ミリタリーアタック(QE2世C、シンガポール航空国際C)等、
G1勝ち馬も輩出してますし日本で結果を出せるといいですね。

また、生産はパカパカファームでディープブリランテや
ピンクカメオとG1馬を出してはいるものの近年は…
個人的にもそろそろG1馬を出してくれる事を願ってます。

ドンドンキードン、馬名的にも覚えやすく
どんな走りをするかデビューも含めて楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする