【POG】アドマイヤムーン産駒で母ロイヤルバラードの2016となるボーダードライヴの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末の新馬戦に気になるチャンピオンズファームの馬が出走します。
アドマイヤムーン産駒で母がロイヤルバラードの2016となる
ボーダードライヴを紹介したいと思います。

馬名:ボーダードライヴ(2歳・牡馬)
馬主:村田裕子氏
管理:小崎師
父:アドマイヤムーン
母:ロイヤルバラード
母父:イルーシヴクオリティ
出走予定日:2018年9月2日(日) 小倉 芝1800m
鞍上予定:アヴドゥラジョッキー

母ロイヤルバラードは5戦1勝でこれと言った活躍はしてませんが引退・繁殖となりました。
が、近親にゴドルフィン所有のエーピーインディ産駒でマザーグース、CCAオークス、
ガゼルステークス、バレリーナステークス、ベルデイムステークスのG1を5勝もした
ミュージックノートがいます。

その母ロイヤルバラードからは過去4頭仔が出ており、

2011:ダニカ(父ベルナルディーニ/牝馬)
は、国内でデビューし5戦0勝で残念ながら勝ち上がれず登録抹消になりました。

2012:ロイヤルバラード2012(父アドマイヤムーン/牡馬)
残念ながら未デビューとなってます。

2013:キングタイド(父アドマイヤムーン/セン馬)
中央でデビューし3戦0勝と勝ち上がれず地方競馬へ移籍し
現在32戦7勝とこれと言った活躍はしておりませんが現役でまだまだ頑張ってますね。

2014:メロディライン(父パイロ/牝馬)
残念ながら未デビューで登録抹消になってます。

と、未だにこれと言った活躍馬は出ておらず未デビュー馬が2頭も出てる血統になりますが、
2016のボーダードライヴは今週末にデビュー予定となっており順調ですね。
また、父がアドマイヤムーンとなり調教も500万下特別を勝ったジャックローズに先着と
好時計で走れてる模様。
それに鞍上がアブドゥラJというのは魅力的で気になってしまい激走の可能性も感じてます。

同レースのライバルは…ダノンプリマドンナの2016となるダノンレグナムも出走予定ですが、

馬名:クロノジェネシス(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:斎藤(崇)師
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父クロフネ
鞍上予定:北村(友)ジョッキー

が、近親にはデビュー2連勝からフラワーカップ3着とフローラ賞3着のノームコアがいる血統で調教も良好とこの辺りがライバルになりそうですね。

そんな中で今週末ボーダードライヴが新馬戦に出走予定です。
先ずは新馬戦に全力という感じですがどんな結果を出してくるか楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする