【POG】ディープインパクト産駒で母タピッツフライの2017となるブルトガングの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、週末の桜花賞で上位人気となるデビュー2連勝で牡馬の朝日杯FSへ挑戦し、3着となったグランアレグリアの全弟でタピッツフライの2017となるブルトガングを紹介したいと思います。

馬名:ブルトガング(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理予定:手塚師
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:タピット

全姉のグランアレグリアは募集額7,000万円でしたが新馬戦で破格のタイムを叩き出し、後の阪神JF(G1)に等を制し現在4連勝中で桜花賞に最有力候補として参戦してくるダノンファンタジーを圧倒。続くサウジアラビアRCも難なく勝ち、デビュー2連勝で牡馬猛者が集まる朝日杯FS(G1)へ挑戦も、3着と破れはしたが力を魅せました。

その全弟となるブルトガングは募集額が約倍の1億5,000万円に跳ね上がりましたがグランアレグリアの実績からも当然上がりますよね。父は説明不要の名種牡馬ディープインパクトとなり、姉の実績からもディープインパクト×タピットとまだ頭数が少ないものの日本の馬場では問題なし。個人的にディープインパクト産駒は500キロオーバーの方が結果を出してるイメージがある中で、同馬も既に500キロを超えた様で雄大な馬体を持ってるのは更に強みですね。

母のタピッツフライは通算24戦7勝で、ファーストレイディS、ジャストアゲイムSとG1を2勝しましたが、昨年亡くなったのが本当に残念…結果的に仔はグランアレグリアとこのブルトガングだけかな?残された仔が大きく活躍してもらいたいところですね。

ちょっと気になってる点はグランアレグリアが藤沢師管理でしたが、今回は手塚師へ。昨年はフィエールマンで菊花賞を制し、セダブリランテスの金杯勝ちのみと、最近好走馬が少ない師だけにやや気がかりもPOGでの実績は十分であまり気にしないでいいかな。

間違いなくPOGでは人気になりそうなブルトガングですし、 グランアレグリアに続き期待度満点ですね。どんな結果を出してくるか楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする