【POG】ドゥラメンテ産駒で母シェルズレイの2019となるレイフルの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

父が変り再度大物が出るか気になるところ。その父はドゥラメンテで母シェルズレイの2019となるレイフルをご紹介したいと思います。

レイフルのプロフィール

馬名:レイフル(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:岩戸師
募集額:3,200万円
生産:ノーザンファーム
父:ドゥラメンテ
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
デビュー予日:2021年10日10日(日) 新潟 芝1600m(牝限)
鞍上:津村ジョッキー

先週は、産駒が新馬勝ちを含む2勝

父はドゥラメンテとなり、先週の新馬戦ではダノンティラが見事新馬勝ち、個人的に期待の1頭だったセントカメリアが勝ち馬に0.1秒差の2着、そしてフーライラが13着、メイクユースマイルが7着にカルミチャンが9着でした。また未勝利戦ではレヴァンジルが勝利し、ニシノムネヲウツが2着、更にミーナティエルナが8着とドゥラヴォーグが9着。最後にOPのききょうSでは2番人気に推されたジャスティンヴェルが奇しくも2着となり、産駒として土日で計2勝を積み上げました。個人的には半信半疑のデビュー戦でしたが、凱旋門賞勝ちの名牝ザルカヴァの姪っ子にあたるダノンティアラが中々の内容で勝利。凱旋門賞Dayという事で血も後押ししたか?今後が楽しみになる1頭でしたね。

母から無敗の6連勝でG1を制したレイパパレが活躍中

母はシェルズレイでクロフネ産駒ですね。現役時は金子氏所有馬だった事もあり期待も勝ち上がりはデビュー3戦目。その後はチューリップ賞(G3)で2着で桜花賞5着、オークス7着。休み明けのローズS(G2)で2着と本番の権利を取り秋華賞で5着と惜しい競馬が続き中々活躍ができず…通算21戦3勝で引退し、繁殖へと上がりました。ただその繁殖生活では、断然レイパパレ(父ディープインパクト/牝馬)でしょう。宝塚記念で初の3着、そして前走オールカマーでは4着と初の馬券圏外となりましたがデビューから6連勝で無敗のまま大阪杯(G1)を制した逸材。またシャインニングレイ(父ディープインパクト/牡馬)は脚元の怪我等で6歳までに9戦も、CBC賞(G3)&ホープフルS(G2)の重賞2賞の実績。やっぱりディープインパクトとの相性がいいのかな…と思う私です。

イクイノックスやスティルティアーナ等など…

そんな中、ドゥラメンテを配合した10番仔のレイフルが今週末デビューが決まりました。また預託先は、期待されたという感じで木村(哲)師予定も、調教停止処分にて岩戸師へ転厩。因みに転厩している馬でジオグリフが札幌2歳Sを勝ち、コラリンが2連勝でカンナS(OP)を制し、イクイノックスやスティルティアーナもきっちり新馬勝ちをしており、スティルティアーナは今週末のサウジアラビアRCで有力候補でもありレースが楽しみだが、現状では結果は出してる状況で悲観することはなさそう。気になるデビュー戦は新潟の芝で牝馬限定戦のマイルを鞍上津村Jとの事。また、馬体重は450キロ弱で母と同等くらいの様だが、個人的には同レースに抜けた馬が見当たらずチャンスでは!?という感じも、いかんせん成長曲線が遅いイメージのある血統で初戦からは?という印象だが…馬主は変われど、あの金子氏ブランドの結晶馬。血統的魅力に期待の私です。

タイトルとURLをコピーしました