【POG】モーリス産駒で母ガールオンファイアの2019となるホウオウブリッツの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

血統的魅力を感じる新馬がデビューを予定としている様ですね。父はモーリスで母ガールオンファイアの2019となるホウオウブリッツをご紹介したいと思います。

ホウオウブリッツのプロフィール

馬名:ホウオウブリッツ(2歳・牡馬)
馬主:小笹芳央氏
管理:須貝師
落札額:5,500万円
父:モーリス
母:ガールオンファイア
母父:アザムール
デビュー予定日:2021年8日1日(日) 函館 芝2000m
鞍上予定:吉田(隼)ジョッキー

先週は良いところなし…

父はモーリスとなり、先週の2019世代では函館2歳S(G3)への産駒出走はなし。また新馬戦ではモノドリームが5着、ギャラクシーセブンが7着、そしてサンダップルドが馬券圏内で3着も勝ち星はなし。そして未勝利戦でもソーマレイオウが6着にコスモルージュが7着と勝ちきれず無念。この世代は少し落ち着きそうな印象を持っている私ですが、新馬勝ちはビーオンザマーチを始め既に3頭も興味をそそられています。まだまだ気になる産駒は多数いますし、2018世代の重賞3勝を越えるかこれもまた興味をそそられてる私です。

母は未デビューも、祖母からG1馬

母はガールオンファイアとなり、アグネスタキオン産駒ですね。現役時は、期待されながらも未デビューのまま引退し繁殖へと上がってしまいましたが、祖母のレディブロンドからはゴルドブリッツがG1を制し、ラドラーダは繁殖牝馬でレイデオロ等を出しています。繁殖牝馬としても活躍を期待したいところでその繁殖生活は、初仔のアグニシャイン(父ハービンジャー)は2戦目で未勝利を勝ったが4戦で引退、2番仔のアンヴァシブル(父ロードカナロア)は未デビュー、3番仔のホウオウライジン(父キングカメハメハ)は、1億8,000万円にて小笹氏が高額落札も現3勝クラスで手こずってる状況。

小笹氏×須貝師の初コンビで!

そんな中、モーリスを配合された5番仔のホウオウブリッツが来週末にデビューを予定としております。馬主はホウオウライジンに続き、5,500万円で落札された小笹芳夫氏で昨年のアーリントンC勝ちのホウオウアマゾン、フラワーC勝ちのホウオウイクセルに続けるといいですね。そして預託先は意外でしたが、小笹芳央氏の馬が初預託となる須貝師との事で新味を期待するべく須貝師も俄然力こぶでしょう。また、デビュー戦は8月1日(日)の函館芝2000mを武(豊)Jと思ってましたがどうやら吉田(隼)Jを配してるとの事です。このレースにはルメールJ騎乗のジャスティンスカイが出走予定の様ですね。個人的にはこの母からの活躍馬としても期待してますし、色々な意味でも本番を楽しみにしてる私です。

タイトルとURLをコピーしました