【POG】キタサンブラック産駒で母ドナブリーニの2019となるメトセラの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

半姉のジェンティルドンナ以降、厳しい状況だが新種牡馬で新たな一面が!?。父はキタサンブラックで母ドナブリーニの2019となるメトセラご紹介したいと思います。

メトセラのプロフィール

馬名:メトセラ(2歳・牡馬)
馬主:ラ・メール
管理:矢作師
落札額:1億6,000万円(セレクトセール2019)
父:キタサンブラック
母:ドナブリーニ
母父:バートリーニ
デビュー予定日:2021年7日25日(日) 新潟 芝1800m
鞍上予定:デムーロジョッキー

産駒初勝利の勢いで

父は新種牡馬キタサンブラックとなり、先週の2019世代では期待のコルティーナが川田Jを背に2番人気に推されるも、勝ち馬に0.6秒差を付けられる5着に敗れてしまいました。が、新馬戦3着から挑んだコナブラックが2歳未勝利戦で福永Jを背に待望の産駒初勝利。デビューがまだ5頭と少ないが、先ず1勝は嬉しいですし、突然変異の種牡馬という感じですが、この勢いで今週末も勝利を積み上げられればいいですね!

半姉がG1・7勝のジェンティルドンナ

母はドナブリーニでイギリス産のバートリーニ産駒ですね。現役時はチヴァリーパークS(G1)勝ちと、チェリーヒントンS(G2)勝ち。通算11戦4勝で引退し吉田勝己氏によりセールで落札から国内で繁殖へと上がりました。その繁殖牝馬として代表産駒と言えば、牝馬クラシック3冠にジャパンCを連覇、ドバイシーマCに有馬記念をも制しG1・7勝の名牝ジェンティルドンナ(父ディープインパクト/牝馬)でしょう。その他にもドナウブルー(父ディープインパクト/牝馬)が京都牝馬Sに関屋記念を制してますが、その後産駒の活躍がないまま高齢化となりましたがもう一花咲かせて欲しいところ。

矢作師×デムーロジョッキーでデビュー

そんな中、新種牡馬のキタサンブラックを配合された11番仔のメトセラが今週末デビューを予定としております。馬主はセレクトセール2019にて1億6,000万円で高額落札をされた、“HIROKIカンパニー”?でしたがラメールさんでしたね。そして預託先はトップトレーナーの矢作師で、“キタサンブラック産駒の中ではこの馬をチョイスされたとコメントをどこかで見ましたが、“中では”とは言え到底軽くは扱えいない1頭になりそう。調教はフットワークが良いとの事でまずまずという感じでしょうか?ただ、この時期にデビューは良い意味で想定外で、25日(日)の新潟芝1800mを鞍上デムーロJでスタンバイ。父母で14冠ベイビーだけに大物が出るのか!?、初戦から興味を抱かせる1頭で本番が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました