【POG】金子氏所有ロードカナロア産駒で母ピーチブローフィズの2016となるバニュルスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、個人馬主となる金子氏が落札したロードカナロア産駒で、
母ピーチブローフィズの2016となるバニュルスを紹介したいと思います。

馬名:バニュルス(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
厩舎:藤原師
落札額:9200万円
父:ロードカナロア
母:ピーチブローフィズ
母父:シンボリクリスエス

金子氏が9200万円で落札したバニュルスですが、
いかにも先を見据えてたかの如くセレクトセールで落札したロードカナロア産駒。
2歳リーディングでディープインパクトに次ぐ2位となり新種牡馬では最高位。
あのハーツクライやダイワメジャーを抑えての2位は価値がありますね。

今年のクラシックとなる桜花賞ではルメールJ騎乗のアーモンドアイが、
見事1冠目をゲットし、昨日行われた皐月賞にルメールJ騎乗のステルヴィオが4着と、
早くもクラシック制覇と好走を魅せてるロードカナロア産駒。
今後も更に産駒に注目が集まりそうですね。

さて、そのバニュルスの母ピーチブローフィズは
25戦で1勝と新馬戦を勝った以降は勝ち星いから遠ざかり繁殖へ上がり、
母系からは重賞勝ちとなったベッラレイアがいる血統ですね。
そしてこのピーチブローフィズの仔は…

2014:ロックローモンド(父ハービンジャー)
未出走の心臓麻痺で亡くなったとの事で非常に残念…

2015:ステラローザ(父ロードカナロア)
現在7戦【1123】と今月頭に未勝利戦で初勝利を挙げたばかりですね。
バニュルスをPOG指名するか今後どんな活躍するか気になります(@_@)

そして2016のバニュルスが3番仔になりますが、
馬主はシルクレーシング→星野康三氏→金子真人ホールディングスと、
この2016で金子氏の目に叶ったという事になります。

その金子氏が2017年セレクトセールで落札した産駒は、
ロードカナロア産駒×4頭
ジャスタウェイ産駒×2頭
と、バニュルスも含む計11頭の落札馬に対して、
半数がこの先活躍を見据えた産駒を落札した!?と思えて仕方ない私。
厩舎が決まってない事や調教や体質を見極めての指名になると思いますが、
個人的にPOG指名はほぼ確実かも…

デビューが非常に楽しみな1頭です!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする