【POG】ルーラーシップ産駒で母アドマイヤリッチの2017となるレッドエーデルの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末がJRAで年内最後の開催となりますが状況的に間に合わせた…という感じでしょうか?父がルーラーシップになり母アドマイヤリッチの2017となる、レッドエーデルを紹介したいと思います。

馬名:レッドエーデル(2歳・牝馬)
馬主:東京ホースレース
管理:斎藤(崇)師
落札額:1,800万円
父:ルーラーシップ
母:アドマイヤリッチ
母父:サンデーサイレンス
デビュー予定日:2019年12月28日(日) 阪神 芝2000m
鞍上予定:松山ジョッキー

父はルーラーシップと、この世代は以前からもお伝えしてる様にクラシック制覇へ向けては厳しい状況。メールドグラースやディアンドル等をみてもやや晩成な感じですが固めて連勝!という実績もある種牡馬だけに、クラシックで結果を出せる子が出てくるといいですね。

そして母のアドマイヤリッチですが、サンデーサイレンスの直子でラストの脚は毎度武器でしたね。現役時は1000万下までは良い感じでしたが、1600万下で勝ち上がりに時間を要したのもあり活躍とまではいかず、通算31戦6勝で引退、繁殖牝馬へと上がりました。また、繁殖牝馬としては活躍馬が少ないが2012のレッドソロモン(父メイショウサムソン/牡馬)が、若葉S(OP)を勝ち菊花賞へ17着とはなったが出走しております。

そんな中、2014のレッドシーマ(父クロフネ/牡馬)から間隔が開きましたが、ルーラーシップを配合されたレッドエーデルが今週末デビューを迎えようとしています。預託先は斎藤(崇)師で坂路では動けなかったというコメントは気がかりも、日曜の阪神2000mで鞍上松山Jで出走予定との事ですが…このレースはこの週末で注目の新馬戦と良血馬が集結する予定のレース。先日このブログでご紹介したサトノシャロームや、以前にも紹介したラキシスの2017となるシルヴィスが参戦予定、またその他にも骨っぽいのがいる中で、この番組を選んだ陣営は期待度の現れか?個人的にはもう少し調教をこなしてから…とも思うが、陣営が決めた以上態勢は整ってるという事でしょうね。

今週末がJRAで年内最後の開催となりますので好結果で締めくくれるといいですね。本番が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました