【弥生賞2018】未知の魅力、ディープインパクト産駒のオブセッションが実績馬2騎を撃破するか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は牡馬クラシック第一弾となる皐月賞TRの弥生賞が行われます。
2歳王者でデビュー3連勝のディープインパクト産駒ダノンプレミアム、
そしてこちらもデビュー3連勝で東スポ2歳Sを制した、
ディープインパクト産駒のワグネリアンが出走してくるハイレベルな一戦。

そんな中で、もう1頭未知の魅力で2戦2勝の無敗馬ながら、
主役級となりそうな馬がいますね。
その馬が、

馬名:オブセッション(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:藤沢師
父:ディープインパクト
母:パーシステントリー
母父:スモークグラッケン

デビュー2連勝中のこちらもディープインパクト産駒で、
管理する藤沢師、鞍上のルメールJが素質をかなり評価している1頭。

新馬戦は東京2000mの重馬場でしたが折り合い難もなく、
超スローペースから直線で最速の上りから2着に半馬身差の勝利。
続くシクラメン賞(2歳500万下)は開幕週の高速馬場でしたが、
最速の上りで勝利し2着に4馬身差を付け、
芝1800mの2歳JRAレコードを叩き出した超好タイム。
このレースでは能力の違いを魅せ付けた感じでしたね。

それから放牧に出て順調に調教をこなし成長も十位感じられるとの事。
昨年のレイデオロで日本ダービーを制した藤沢師=ルメールJコンビが
強力無敗馬2頭とどんな戦い方をするのか非常に興味津々。

ふと2013年の弥生賞を思い出したが、
勝ち馬は6番人気のカミノタサハラだったが、
1番人気:エピファネイア(4着)
2番人気:コディーノ(3着)
3番人気:キズナ(5着)
と上位陣が崩れてたな。
12頭いたが今回は…無敗馬達がさすがに強いかな?^^;

今年のディープインパクト産駒の成績は下がってる感が強く、
いくら2ヶ月が終わったとはいえ勝率があまりにも悪すぎる。
確か重賞勝ちは、

プリモシーン(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:木村(哲)師
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:ファストネットロック
重賞勝利:フェアリーS(2017年)

だけ!?と、関係者にとっては想定外のはず。
上位人気がディープインパクト産駒が独占するはずのこの弥生賞で、
種付け料4000万円の種牡馬としてここを勝利して、
種牡馬価値を高めたいところでしょう。
ま、この3頭がならどれか勝ちそうですけどwww

頭数的に私の予想はケンの予定ですが個人的には、
オブセッションの上りの脚は魅力も、
ワグネリアンとダノンプレミアムがTRとはいえ1枚上の気がするので、
切るとは思うが果たして能力は本物か!?それとも…

2年連続日本ダービー制覇に向け当日の結果が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする