京都記念勝ちのクリンチャーは武(豊)ジョッキーに乗り替わり、阪神大賞典から天皇賞・春へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

いやはや京都記念で初重賞制覇を飾ったクリンチャーですが、
主戦の藤岡(佑)Jから武(豊)Jに乗り替わり、
阪神大賞典から天皇賞・春へ向かう事が決まった様ですね。

馬名:クリンチャー(4歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:宮本師
父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
母父:ブライアンズタイム
重賞勝利:京都記念(2018年)

宮本師がコメントしてますが京都記念の前には既に…
クリンチャーへの騎乗依頼があった用ですが、
共同通信杯でグレイルに騎乗したため藤岡(佑)Jのまま、
本番を迎えた様ですね。
そういう事情があるにも関わらず、
それでも頑張って初重賞勝利に勝利に導いた藤岡(佑)Jは
鬱憤を晴らすG1馬3頭斬りをした結果はお見事。

まぁ、この乗り替わりは馬主が前田幸治氏という点で、
武(豊)Jに乗り替わりというのは納得いくといえばいくし、
3歳未勝利から京都記念までの計7戦でここまで上り詰めた藤岡(佑)Jを
降ろしたのは納得いかないといえば納得いかない複雑な状況。
とはいえ、ひょっとしたらアノ噂…で乗り替わりかもしれないし、
真相はわかりませんが。。。

クリンチャーは3歳時に凱旋門賞を登録してた馬だけに、
この天皇賞・春を勝つようなことがあれば今年は凱旋門賞も!?
となると、武(豊)Jの乗り替わりは勝てるかどうかは別として大幅プラスになる。

長距離戦でゴールドアクターで向かうと思ってましたが、
AJCCで11着と全く話にならない結果だっただけに良い馬が回ってきましたね。
賛否両論があるだろうが、乗り替わりは決まったという事で
日本人Jとして奮起してほしい。
先ずは阪神大賞典でどんな騎乗結果を出すか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする