【POG】ロードカナロア産駒で母エピセアローム2016となるシトラスノートの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末から2歳戦が開催されますね。
そんな中、早速ですがPOG期間にいかにも稼いでくれそうな、
ロードカナロア産駒で母エピセアロームの2016となる
初仔のシトラスノートを紹介したいと思います。

馬名:シトラスノート(2歳・牝馬)
馬主:吉田勝己氏
管理:石坂師
父:ロードカナロア
母:エピセアローム
母父:ダイワメジャー
デビュー予定日:2018年6月12日(土) 阪神 芝1600m
鞍上予定:川田ジョッキー

母は2歳戦から活躍し小倉2歳Sを勝、
3歳では父ロードカナロアを相手に斤量差はあったとはいえ、
差し切ってセントウルSを勝ちました。
続くG1のスプリンターズSでは4着の実績馬。
このシトラスノートが初仔となりますね。

勝手なイメージですが父が既にG1馬を輩出するなど、
絶好調のロードカナロアという事もあり、
距離はロードカナロアの柔軟性から伸ばしても行けそうだが、
1200~1600mが合ってそうな感じ。
馬体も460キロ近くありそうですし早めの活躍が見込める血統。
順調に勝ち上がれば小倉2歳Sや函館2歳Sとか狙ってくるだろうな。

鞍上は浜中Jではなく川田Jというのは意外でしたが、
川田JはダノンプレミアムしかりデムーロJやルメールJに
負けじと良い馬に乗ってますからね。
この馬がどんな競馬をするか楽しみな血統ですね。

デビュー戦は骨っぽそうな、

馬名:イニティウム(2歳・牡馬)
馬主:社台レースホース
管理:須貝師
父:ハーツクライ
母:ゴールデンドックエー
母父:アンユージュアルヒート
鞍上予定:デムーロジョッキー

アルバートドックが近親にいる良血馬がスタンバイしてます。
こちらは父がハーツクライで早めから活躍!というイメージはなく、
先々は別として血統的背景からはシトラスノートに分がありそう^^;

果たして母エピセアロームの初仔となるシトラスノートが
どんな結果を出してくるか興味津々の1頭です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする