【天皇賞・春2019】メイショウテッコン、パフォーマプロミス、リッジマン、ロードヴァンドールは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、長距離レースの天皇賞・春(G1)が京都競馬場で開催されます。不幸にもシャケトラがいなくなり混戦模様に感じさせるメンバーとなりましたが、上位人気馬で決まるのか気になるところで4頭を検証したいと思います。

先ずは、

馬名:メイショウテッコン(4歳・牡馬)
馬主:松本好雄氏
管理:高橋師
父:マンハッタンカフェ
母:エーシンベロシティ
母父:レモンドロップキッド
鞍上予定:福永ジョッキー

同馬は中穴人気になりそうですが前走、そして500万下でもあのエタリオウを抑えて逃げ切り勝ち。過去にはラジオNIKKEI賞でG1馬のフィエールマンまでをも破っており魅力を感じる1頭。前走でブリンカーを外しての成長を感じるだけに穴人気しそうな気はするが、マンハッタンカフェ産駒とはいえ菊花賞で14着と3200mはやや不安に、鞍上はテン乗り福永J。好結果を出せなければ武(豊)Jではないので敗けた…と言われそうですね。それでも個人的には現時点での予想の候補には入れたいと思ってます^^;

続いては、

馬名:パフォーマプロミス(7歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:藤原師
父:ステイゴールド
母:アイルビーバウンド
母父:タニノギムレット
鞍上予定:北村(友)ジョッキー

過去2度のG1で宝塚記念9着、有馬記念14着と見せ場なく撃沈して力が足りるのか?というのもあるが、初の3000m超えのレースは血統的にも面白そう。7歳ではあるが前走京都記念で勝ち馬に0.1秒差の4着で衰えもないし、カレンミロティックのような事もある。藤原師に鞍上はアルアインでG1ジョッキーとなった北村(友)J。折り合いがつく馬だし、一発の可能性を秘めてると思ってます。個人的に現時点では予想の候補に入れようと思ってます。

そして、

馬名:○地リッジマン(6歳・牡馬)
馬主:辻牧場
管理:庄野師
父:スウェプトオーヴァーボード
母:アドマイヤモンロー
母父:カーリアン
鞍上予定:蛯名ジョッキー

昨年のステイヤーズSで重賞初制覇となり、次走G1の有馬記念で12着の大敗。年明け初戦となった前走の阪神大賞典で2番人気に支持されるも6着と見せ場なく完敗。万葉SやダイヤモンドSで好成績を残してるだけに3000m超えは魅力もG1は少し荷が重い!?気もしてるが鞍上蛯名Jなら侮れないという気持ちもあるが…個人的に現時点では予想の候補からハズす予定です^^;

最後に、

馬名:ロードヴァンドール(6歳・牡馬)
馬主:ロードホースクラブ
管理:昆師
父:ダイワメジャー
母:ジャズキャット
母父:ストームキャット
鞍上:横山(典)J

前走初の3000m超えとなった阪神大賞典で10番人気の低評価を覆す3着と前から粘った。血統的に半信半疑ではあったが遡れば好走する可能性は秘めてましたがまさか…というのが本音。鞍上は何をしでかすかわからない横山(典)Jではあるがこの舞台と言えばイングランディーレの再現も!?そんなに甘くはないとも思うが、メンバー的にも鞍上的にもこの馬的に前に行った時こそ力を発揮してるだけに今回は大逃げをかまして攻めて欲しい。個人的に現時点では予想の候補に残す方向です^^;

という事で、中穴人気になりそう!?な馬をピックアップしてみました。長距離戦で大波乱を期待したい私にはこの辺の馬は魅力的。まだ時間はありますし、じっくり予想をしていきたいと思います。そして、本番はどの馬が勝つのか楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする