【天皇賞・春2019】フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル、グローリーヴェイズで決まる!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、長距離レースの天皇賞・春(春)が京都競馬場で開催されます。不幸にもシャケトラがいなくなり混戦模様に感じさせるメンバーとなりましたが、上位人気馬で決まるのか気になるところで4頭を検証したいと思います。

先ずは、

馬名:フィエールマン(4歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:手塚師
父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母父:グリーンチューン
鞍上予定:ルメールジョッキー

メンバー唯一のG1馬になりますがそのG1がクラシック3冠最後の菊花賞と3000mをこなしての勝利。しかもキャリアが重賞勝利もないまま僅か4戦目でG1馬となりました。今年初戦のAJCCでは1番人気に応えるかと思った走りも長期休養明けのシャケトラにまさかの敗退。最速の上がりで着差なしのクビ差だったとはいえこれにより海外遠征もなくなり、矛先がこの天皇賞・春へ変りました。気になるのは菊花賞では3000mをこなしたものの、2着エタリオウにはハナ差勝ちでむしろ2着馬のほうが伸びていた。果たして3200mは?という点も気になるが、やはり鞍上ルメールJが乗りこなすか?というとこにつきそうですね。現時点では予想の候補から外す方向で考えてます^^;

続いては、

馬名:エタリオウ(4歳・牡馬)
馬主:Gリビエール・レーシング
管理:友道師
父:ステイゴールド
母:ホットチャチャ
母父:カクタスリッジ
鞍上予定:デムーロジョッキー

こちらは菊花賞で先に紹介したフィエールマンの2着となった実績があります。また、全10戦で勝鞍は2歳未勝利の1勝のみではあるが【1702】と、着外2回もワグネリアンに0.2秒差の日本ダービー4着と、新馬戦の4着のみで経験も豊富で安定味も抜群。距離は全て2000m以上で、距離が延びれば延びるほど本領発揮と言った血糖背景でしょうか。サウンズオブアースを思い出すがG1馬が1頭しかいないレースならG1勝利も!?最近不調のデムーロJだが個人的には予想の候補に入れる予定です^^;

そして、流れからいくと

馬名:ユーキャンスマイル(4歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
鞍上予定:岩田ジョッキー

同馬は先に紹介した2頭に次ぐ菊花賞3着馬。10番人気の低評価を覆す激走で3着を確保。今年は万葉Sで2着、ダイヤモンドSを制覇と3000m以上を2戦し安定の成績を残してます。が、気になるのは2点で近2走が53、54キロと斤量が軽めで走ってきたこと。そして母父ダンスインザダークは一見合いそうだが天皇賞・春で好走したイメージがないのは気のせい?馬主は金子氏でシャケトラの分まで頑張ってほしいというのも本音だが、現時点では予想の候補からハズそうと思ってます^^;

そして、穴馬と思ってるがトラブルがあり少しは人気が下がりそうな…?
現時点での推奨馬「人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

馬名:グローリーヴェイズ
馬主:シルクレーシング
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
鞍上:戸崎ジョッキー

同馬は上記3頭に続くが勝ち馬とは0.5秒差だったが前走のレースは相手が相手とはいえ、成長+今後に繋がるレースと感じた一戦だった。ただ鞍上は騎乗予定だった川田Jがまさかの騎乗停止をくらうという事で、浜中Jか池添Jが理想だったがシャケトラで空いてしまった戸崎Jに乗り替わりが決まりましたね。馬自体に非常に興味があるだけにできれば川田Jが良かったが仕方ない。能力と配当妙味でこのあたりを狙うのも手だと思うが現時点では予想の候補に入れようと思ってます^^;

はい、という事でなんだかんだで強力世代と言われる4歳勢ばかりになりましたが、他の馬もじっくり検証してきたいところですね。配当がショボくて仕方ないが福島牝馬SとマイラーズCを的中した勢いで、今週は大きく的中させたいところ。本番はどの馬が勝つのか楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする