【POG】ロードカナロア産駒で母シャムロッカーの2017となるサトノシャロームの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この牝系から大物が早めに出ると思ってた私ですが、ここまでズルズル…4番仔は父がロードカナロアになり母シャムロッカーの2017となる、サトノシャロームを紹介したいと思います。

馬名:サトノシャローム(2歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:池江師
落札額:1億8,000万円
父:ロードカナロア
母:シャムロッカー
母父:オライリー
デビュー予定日:2019年12月28日(日) 阪神 芝2000m
鞍上予定:川田ジョッキー

父はロードカナロアと、先週はカバジェーロ(牡馬)が単騎逃げの良血馬をアタマ差ながら2番手から差し切り新馬勝ちの1勝でしたが、今月はようやく新馬勝ち馬が出た感じ。この世代ではテーオーマルクスが福島2歳Sを制し、葉牡丹賞(1勝クラス)でグランデマーレがデビュー2連勝を飾ってますが、コレと言った馬はまだですので、この超良血馬が来年のクラシックを賑わせてくれる産駒だといいですね。

そして母のシャムロッカーですが、ニュージーランド産で通算18戦4勝。現役時はVRCオーストラリアンギニーズと、ATCオーストラリアンダービーのG1を2勝し、VRCサイアーズプロデュースSのG3を勝ち、引退後は繁殖へと上がっております。その繁殖生活ですが、2014が4歳で海外デビューしており国内は2015のサトノグロワール(父ディープインパクト/牡馬)からですが、通算7戦で7戦連続1番人気も【2301】で1000万下を2戦2着2回とすんなり勝ちきれてない状況、そして2016のトロル(父オルフェーヴル/牡馬)は未デビューのまま引退、金子氏が1億超えで落札するも登録抹消という状況。

そんな中、ロードカナロアを配合されたサトノシャロームが今週末デビューを迎えようとしています。成長度合いが緩く調教もまだまだという感じも、年内にデビューをさせるのは素質で勝たせようという感じでしょうか。個人的にはもう少し体ができてからデビューが好ましいのかな?…とも思うのですが陣営がデビューを判断しただけに闘えるのでしょう。

その陣営という預託先が池江師で、あまり目立たない今年でしたが結果的にG1勝ちはアルアインの大阪杯だけかな?あれだけ勝ちまくってただけに1勝とは寂しい感じですが、来年はG1勝ちが量産となるといいですね。

また同レースには角居師の良血馬ラキシスの2017となるシルヴィスも出走予定、その他にも骨っぽそうなライバル馬が多い中で、仕上げはやや緩く出てきそう!?な感じですがどんな結果になるか興味津々な私です!

タイトルとURLをコピーしました