前田幸治氏所有のクリンチャーとジャンダルムが凱旋門賞挑戦の可能性も!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

ノースヒルズの代表前田幸治氏が所有するクリンチャーとジャンダルムですが、
どうやら両馬次走の結果次第を前提に凱旋門賞参戦の可能性が出てきた様ですね。

馬名:クリンチャー(4歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:宮本師
父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
母父ブライアンズタイム
重賞勝利:京都記念(2018年)

クリンチャーに関しては重賞1勝馬ながら京都記念で、
G1馬を4頭なで斬りの強い競馬を魅せました。
血統的にも距離的にも合いそうな気はしますが後は力量だけですね。
次走の天皇賞・春の結果次第で参戦表明となりますが、
前走阪神大賞典では武(豊)Jを配すもまさかの3着からの
巻き返しで好結果をもって参戦してほしいですね。

馬名:ジャンダルム(3歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:池江師
父:キトゥンズジョイ
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
重賞勝利:デイリー杯2歳S(2017年)

ジャンダルムは先週の皐月賞G1で4番人気に支持されながらも
9着に完敗で出負けと馬場を敗れた理由にも挙げてますが、
それだけではないと思ってる私。また、次走は日本ダービーという事ですが、
さすがにこの母系はかNHKマイルCの方が合ってる気もするが…^^;
こちらもクリンチャー同様次走の結果次第ですが凱旋門賞、
そして同馬に限ってはブリーダーズCも視野に入れてるとの事ですので、
スプリントなら距離的にも好走の可能性が!?

個人的にはどの馬もG1を獲ってから海外遠征をして欲しいと思うのですが、
国内でG1未勝利でもステイゴールドやリアルスティール、
エイシンヒカリ等などの様に適性や条件が合って、
結果を出す事もありますからね。適性さえ見極めれれば^^;

何れにせよ両馬、次走の結果次第ですし先ずは目の前のG1で
どんな結果を出すか楽しみではあります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする