【POG】ディープインパクト産駒で母クルソラの2016となるクルミネイトの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、母からは2015年の桜花賞で2着、
そしてオークスで3着となったクルミナルの全妹となる、
クルソラ2016のディープインパクト産駒、
クルミネイトを紹介したいと思います。

馬名:クルミネイト(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:堀師
父:ディープインパクト
母:クルソラ
母父:キャンディストライプ

母となるクルソラはアルゼンチン産で13戦4勝と、
芝の2000mでG1を2勝し2006年に吉田勝己氏が購入してきました。
仔は、

2008年:ダノンクルソラ(父フサイチペガサス/セ)
2009年:クローチェ(父ダイワメジャー/セ)
2010年:ソラ(デュランダル/牝)
2011年:ピオネロ(父ネオユニヴァース/牡)
2012年:クルミナル(父ディープインパクト/牝)
2013年:ゴルナーグラート(父エンパイアメーカー/牡)
2014年:ミッキークルソラ(父ダイワメジャー/牝)
2015年:アンブレラ(父オルフェーヴル/牡)

と、デビューしてますが活躍馬が、
ピオネロがダートで重賞2着が最高と現役で頑張ってますね。
また、クルミナルが先にも述べたが桜花賞で2着、
オークスで3着とG1勝ちまで後一歩でしたが、
屈腱炎を発症し引退を余儀なくされました。
また、今年デビューとなった2015産のアンブレラは
新馬戦で1番人気に支持され上り最速ながら2着となり、
遅いデビューですが先々が楽しみな1頭ですね。

そしてこの2016となるクルミネイトですが、
父がディープインパクトとなりクルミナル以来のディープインパクト産駒に
同じ牝馬となれば高齢での出産ではあるが期待がかかります。
また、クルミナルは須貝師でしたがこのクルミネイトは堀師に変わりました。
堀師であれば期待度は更に増しますよね。

調教過程はまだじっくりと言った感じの様ですが、
秋口にデビューできれば面白い存在になりそうと思ってます。

果たしてどんな結果を出してくるか興味津々の1頭です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする