【POG】キズナ産駒で母トップライセンスの2020となるクロスライセンスの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

近親にG1・2勝のスワーヴリチャードがいる血統。父はキズナで母トップライセンスの2020となるクロスライセンスをご紹介したいと思います。

クロスライセンスのプロフィール

馬名:クロスライセンス(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:鹿戸師
生産:ノーザンファーム
父:キズナ
母:トップライセンス
母父:キンシャサノキセキ
デビュー予定日:2022年8月28日(日) 新潟 芝1600m
鞍上予定:池添ジョッキー

先週までに新馬戦4勝の産駒

父はキズナで、先週の新馬戦ではサンバデルンバのみでしたが4着。そして未勝利戦もこの1頭ジャンマギアーナのみでしたが7着と産駒として勝鞍を挙げる事ができませんでした。それでも新馬のサンバデルンバは、僅か6頭立ても1着インスタキングに2着ジュンツバメガエシ、そして3着アヴニールドプリエの良血相手に4着。そして上がりが勝ち馬と同様最速タイで0.6秒差は頑張ったと思えますし、次戦は見どころありそうですね。因みに2020産は既に新馬勝ち4頭を出しています。今週末の新潟2歳Sへの出走はありませんが今後の活躍も楽しみですね。

母は芝・ダートで計3勝

母はトップライセンスでキンシャサノキセキ産駒。現役時は、芝の新馬勝ち+ダートスプリント戦で勝鞍を挙げるも主な活躍はできず。通算13戦3勝で引退し、近親には大阪杯・JCのG1・2勝スワーヴリチャードがいる血統だけに繁殖への期待は高くなります。その繁殖生活ですが、この2020産が初仔となります。因みに2021産はブリックスアンドモルタルを配合された牡馬が誕生しており、牝馬クラシック2冠中のスターズオンアースを管理する高柳瑞樹師も決まってる様で興味津々ではあります。

フォーエバーモア以上を期待

そんな中、キズナを配合されたクロスライセンスは明日デビューします。そのデビュー戦は、新潟5Rの芝1600mで鞍上は池添ジョッキーですね。また預託先は鹿戸師で、鹿戸師×サンデーレーシングでは懐かしの…阪神JF(G1)3着でクイーンC(G3)勝ちのフォーエバーモアを思い出す私です。さて、ゲート試験は5月下旬に合格。そして調教を重ねる毎に、馬体重と共に成長しているというのは好印象ですね。個人的に距離適正は中距離かな?と思ってますが、どうやらスピードがある様でマイル辺りになるのかな?。何れにせよ新潟マイルでどんな走りを魅せてくれるか本番が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました