【POG】リオンディーズ産駒で母レーヴデトワールの2020となるダンザンレーヴの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

血統的魅力はあるだけに活躍馬がそろそろ!?。父はリオンディーズで母レーヴデトワールの2020となるダンザンレーヴをご紹介したいと思います。

ダンザンレーヴのプロフィール

馬名:ダンザンレーヴ(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:吉田(直)師
募集額:1,800万円
生産:ノーザンファーム
父:リオンディーズ
母:レーヴデトワール
母父:ゼンノロブロイ
デビュー日:2022年8月28日(日) 小倉 芝1800m(牝限)
鞍上:藤岡(祐)ジョッキー

先週は“競走中止”も大事に至らず

父はリオンディーズで先週の新馬戦ではウインエーデルが出走しましたが、残念ながら競走中止。そして未勝利戦には出走馬がありませんでした。因みにウインエーデルですが大事には至らずとの事で何よりですし、改めて頑張って欲しいですね。しかしリオンディーズ産駒ですが…この2020産は未だ新馬及び未勝利戦での勝鞍がない状況。芝ではヴェルデシチーとセレッソデアモールの3着が最高で、ダートもコスモアンバサが3着のみ。テーオーロイヤル等G1・3着馬を出してる種牡馬ですし、今後のデビュー馬にクラシックでアッと言わせる様な馬が出てくるのを期待したい私です。

祖母に阪神JF馬のレーヴディソールが

母はレーヴデトワールでゼンノロブロイ産駒で“レーヴ”一族ですね。現役時は新馬勝ちをしており、紫苑S(OP)勝ち馬ですが、G1では阪神JFで9着に桜花賞で5着、そして秋華賞で13着と思うような結果が出せないまま通算31戦3勝で引退し繁殖入り。因みに祖母のレーヴドスカーからは、阪神JF馬のレーヴディソールや青葉賞勝ちのアプレザンレーヴ等が出た血統ですね。その繁殖生活は、初仔の2018レーヴドゥラプレリ(父オーリス/牝馬)が2勝を挙げ現役、2019のテールデトワール(父キングカメハメハ/牝馬)でデビューから4戦連続1番人気も期待に応えれず…という状況。因みに2021はルーラーシップを配合しており、これで初仔から4頭全てよもやの牝馬。

牝馬限定戦へ藤岡(祐)ジョッキーで

そんな中、リオンディーズを配合されたダンザンレーヴが今週の出走が決まりましたね。そのデビュー戦は、28日(日)の小倉芝1800mの牝馬限定戦で鞍上は藤岡(祐)ジョッキーとなります。因みにこのレースは10頭立てですが、サトノラピスやコナコーストに50キロの斤量となる今村(聖)ジョッキーのリリーバローズ辺りが有力になるのでしょうか?また、預託先は吉田(直)師となりますが個人的に…この血統ながら思ったより注目度が低そうなのは気の所為か?。見た目は小柄な馬体ではあるが、脚元に不安がなければ…血統的に良い末脚は発揮できそうな気はするが…“レーヴ”から楽しみな馬となるか!?。デビュー戦が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました